大会

HOME大会オリンピック競技大会東京オリンピック2020ニュース体操の畠田瞳、個人総合の大会V 「1年間ミスなく終えたい」

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

ニュース

体操の畠田瞳、個人総合の大会V 「1年間ミスなく終えたい」

カテゴリ:オリンピック
2020.02.16
体操の畠田瞳、個人総合の大会V 「1年間ミスなく終えたい」
女子個人総合で優勝した畠田瞳の跳馬=朝日生命久我山体育館(共同)

 体操女子で昨年の世界選手権代表の畠田瞳(セントラルスポーツ)が16日、東京都内で行われた個人総合の朝日生命カップに出場し、4種目合計55・850点で優勝した。平均台の入りでバランスを崩しかけたところをのぞけば安定した内容を見せ「今年は1年間ミスなく終えたい」と五輪シーズンの目標を掲げた。
 世界選手権でともに東京五輪団体総合出場枠を獲得した寺本明日香(ミキハウス)が左アキレス腱を断裂して手術した。そのことについては「(けがをする)直前までの練習を見ていて(状態が)できあがっているなと思っていた。予想していなかった」と驚きを隠さなかった。(共同)



ページトップへ