大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース湯浅直樹は2回目で途中棄権 アルペンスキー・22日

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

湯浅直樹は2回目で途中棄権 アルペンスキー・22日

カテゴリ:オリンピック
2018.02.22
湯浅直樹は2回目で途中棄権 アルペンスキー・22日
男子回転 2回目を途中棄権した湯浅直樹=平昌(共同)

 アルペンスキー男子回転で、34歳の湯浅直樹は2回目で途中棄権に終わった。1回目は52秒89の36位で、2回目にコースアウトした。
 2010年バンクーバー冬季五輪3位のアンドレ・ミレル(スウェーデン)が合計タイム1分38秒99で初優勝した。スウェーデン勢の同種目優勝は1980年レークプラシッド五輪のインゲマル・ステンマルク以来。
 ラモン・ツェンホイゼン(スイス)が0秒34差の2位で、ミヒャエル・マット(オーストリア)が3位。
 女子のアルペン複合は、ミシェル・ギザン(スイス)が合計タイム2分20秒90で初優勝した。(共同)









ページトップへ