大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース宮原26番、坂本は19番滑走 21日のフィギュア女子SP

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

宮原26番、坂本は19番滑走 21日のフィギュア女子SP

カテゴリ:オリンピック
2018.02.19
宮原26番、坂本は19番滑走 21日のフィギュア女子SP
公式練習で調整する宮原知子(右)。奥は坂本花織=江陵(共同)

 【平昌共同】21日のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が19日に行われ、19歳の宮原知子(関大)は最終第5組の26番、17歳の坂本花織(シスメックス)は第4組の19番に決まった。
 金メダル候補でともに個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場する世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワは25番、アリーナ・ザギトワは28番に滑る。
 抽選後、宮原は「何番でもいいように準備してきた。気持ちを強く持つだけ」と意気込み、グループの最初に滑る坂本は「(6分間の)練習直後なのでいいかなと思う」と話した。









ページトップへ