大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース平昌五輪、土屋が日本新で10位 第7日、距離の石田は18位

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

平昌五輪、土屋が日本新で10位 第7日、距離の石田は18位

カテゴリ:オリンピック
2018.02.15
平昌五輪、土屋が日本新で10位 第7日、距離の石田は18位
男子1万メートル 滑走する土屋良輔=江陵(共同)
平昌五輪、土屋が日本新で10位 第7日、距離の石田は18位
女子10キロフリー 力走する石田正子=平昌(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第7日の15日、スピードスケート男子1万メートルで土屋良輔(23)が自らの日本記録を更新する13分10秒31をマーク、10位となった。世界記録保持者のテッドヤン・ブルーメン(カナダ)が初優勝した。
 ノルディックスキー距離女子10キロフリーで石田正子(37)は18位。アルペンスキー女子大回転で石川晴菜(23)が33位となった。男子滑降は35歳のアクセルルント・スビンダル(ノルウェー)が同種目で初の金を獲得し、五輪では四つ目のメダル。
 カーリング1次リーグで日本勢は、男子のSC軽井沢クが英国に敗れて1勝1敗。









ページトップへ