大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース距離複合、石田が日本勢最高3位 スキーW杯

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

距離複合、石田が日本勢最高3位 スキーW杯

カテゴリ:オリンピック
2017.02.04
距離複合、石田が日本勢最高3位 スキーW杯
距離複合女子で3位になった石田正子の後半フリー=平昌(共同)

 【平昌共同】2018年平昌冬季五輪のテスト大会を兼ねたノルディックスキーW杯距離は4日、平昌でクラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑る距離複合が行われ、女子(15キロ)で石田正子(JR北海道)が45分9秒5で距離の日本勢過去最高に並ぶ3位に入った。
 36歳の石田は09年3月に30キロクラシカルで3位となって以来自身2度目の表彰台で、距離複合では日本勢初。小林由貴(岐阜日野自動車)は10位。
 男子(30キロ)の吉田圭伸(自衛隊)も1時間19分36秒7で自己最高の6位に入った。レンティング陽(アキラ)は16位。男女ともW杯距離個人総合の上位選手は出場せず。









ページトップへ