大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース「下町ボブスレー」五輪へ再出発 ジャマイカ連盟と会見

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

「下町ボブスレー」五輪へ再出発 ジャマイカ連盟と会見

カテゴリ:オリンピック
2016.01.17
「下町ボブスレー」五輪へ再出発 ジャマイカ連盟と会見
下町ボブスレーの関係者らとポーズをとるジャマイカ連盟のクリス・ストークス会長(後列左から3人目)=17日、長野市(共同)

 東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発する「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会とジャマイカ・ボブスレー連盟が17日、長野市内で2018年平昌冬季五輪を共同で目指すとの覚書を交わした。そりを無償提供する推進委の細貝淳一ゼネラルマネジャーは「中小企業の思いが詰まったボブスレーに日の目を見せたかった。世界一のものづくり技術で一緒に世界を目指す」と抱負を語った。
 ジャマイカ代表は五輪挑戦をユーモラスに描いた映画「クールランニング」のモデル。15日から代表選手が走行テストを行い、技術や要望に対応する協力態勢を評価した。(共同)









ページトップへ