大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース平昌五輪・日本選手団が帰国へ 高木美「濃い時間過ごせた」

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

平昌五輪・日本選手団が帰国へ 高木美「濃い時間過ごせた」

カテゴリ:オリンピック
2018.02.26
平昌五輪・日本選手団が帰国へ 高木美「濃い時間過ごせた」
韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く金メダリスト。手前右から高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那、(後方右から)菊池彩花、小平奈緒、羽生結弦の各選手=26日(共同)
平昌五輪・日本選手団が帰国へ 高木美「濃い時間過ごせた」
帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着し、笑顔で撮影に応じるスピードスケートの小平奈緒選手(左)とフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

【平昌共同】平昌冬季五輪で17日間の戦いを終えた日本選手団が26日、襄陽空港発のチャーター機で韓国を離れ、帰国の途に就く。スピードスケート女子の団体追い抜きなど3種目で金、銀、銅のメダルを獲得した高木美帆選手は出発前に取材に応じ「いろいろと濃い時間を過ごせた」と感慨深げに話した。
 カーリング女子で銅メダルに輝いたLS北見のスキップ、藤沢五月選手は「あっという間だった。終わってしまうと寂しい。やっぱり早く地元に帰りたい」と笑顔で話した。
 スピードスケート女子の500mで頂点に立った小平奈緒選手や2種目制覇を果たした高木菜那選手はリラックスした表情だった。









ページトップへ