HOME大会オリンピック競技大会長野オリンピック1998ニュース競技日程第3次案決まる

第18回オリンピック競技大会(1998/長野)

ニュース

競技日程第3次案決まる

カテゴリ:オリンピック
1996.12.01

11月7日、都内で第5回競技専門委員会が開かれ、競技日程第3次案と競技運営マニュアル骨格案などについて審議しました。

競技日程については第3次案を決定し、この案を11月15日にメキシコのカンクーンで開かれるIOC理事会に諮り、オリンピック憲章にもとづく承認を求めることになりました。NAOCでは今年1月に作成した第2次案をもとにIF(国際競技連盟)や各放映権者と調整をしてきましたが、その結果、アルペンスキーとフリースタイルスキーの合わせて5種目で開催日を変更したほか、スノーボードハーフパイプとスピードスケート、さらに女子アイスホッケーの一部の開始時間を変更しました。また、男子アイスホッケーについてはIIHF(国際アイスホッケー連盟)からの指摘により、予定されていた5-8位決定戦を行わないなどの変更をしています。

なお、第3次案はIOCの承認により競技日程として確定しますが、競技の開始時刻については、今後開催される長野オリンピック前の国際競技大会での検証により見直す場合もあります。
(1998 長野オリンピックニュース #82(1996.11.8) より)









ページトップへ