HOME大会オリンピック競技大会長野オリンピック1998ニュース各国・地域の選手団長が集合してセミナー開催

第18回オリンピック競技大会(1998/長野)

ニュース

各国・地域の選手団長が集合してセミナー開催

カテゴリ:オリンピック
1997.06.01

 各国・地域のオリンピック委員会(NOC)の選手団長が一堂に会する選手団長セミナーが、4月19日から21日まで、長野市で行われた。参加したのは、57カ国・地域のNOC。NAOCが、競技プログラム、輸送、選手村などの状況を説明し、競技会場や選手村の視察も行われた。
 初公開となった選手村の視察では、選手団長らが思い思いに部屋を見て回った。1Kの部屋を示して「日本ではこういう部屋に一人で住むのか」「ガスは使えるのですか」など、熱心に質問する選手団長や、「大変心地いいね」と好感触をつかんで笑顔を見せる団長もいた。
 セミナーの日程を終えて記者会見したオーストリア・オリンピック委員会のハインツ・ユングビルト事務総長は「選手のためにやらなければならないことを確認した。問題解決には過去の経験を生かすことが大切」と述べた上で、選手村以外の宿泊施設についてNAOCが示した計画と料金を不満とする意見が出たことを明らかにした。
 和室の料金が1室当りで設定され「人数が少なくても同料金なのはおかしい」といったもので、ユングビルト事務総長は「和室に反対しているのではなく、考え方の違い。納得いく解決を見いださなければならない」と話した。


前後のニュース








ページトップへ