HOME大会オリンピック競技大会長野オリンピック1998ニュース入場券の一番人気はフィギュアスケート

第18回オリンピック競技大会(1998/長野)

ニュース

入場券の一番人気はフィギュアスケート

カテゴリ:オリンピック
1997.07.01

 2月7日から3月14日まで郵送で申し込みを受け付けた長野オリンピック入場券の国内予約販売の応募総数は23万7302人、646万282枚にのぼった。当選者はほぼ4人に1人があたる7万790人、単純倍率は17・7倍と高い人気を集めた。
 競技種目別で最も人気が高かったのは、フィギュアスケートで81・9倍の高倍率。開会式(24・4倍)、スピードスケート(20・2倍)、フリースタイルスキー(18・5倍)など、長野市で行われる競技が高い倍率となった。一方、リュージュとバイアスロンは第一希望の応募枚数が予約販売の予定枚数を下回った。


前後のニュース








ページトップへ