HOME大会オリンピック競技大会長野オリンピック1998ニュース選手へのお土産は伝統工芸品の水引

第18回オリンピック競技大会(1998/長野)

ニュース

選手へのお土産は伝統工芸品の水引

カテゴリ:オリンピック
1997.08.01

 NAOCはこのほど、長野オリンピックの記念品の一つとして、長野県飯田地方の伝統工芸品の水引を選び、選手・役員やIOC委員、メディア関係者らに贈ることを決めた。
 飯田の水引は、江戸時代からの伝統産業として根付き、全国シェアの70%を占める県内屈指の地場産業であり、信州を代表する工芸品の一つにも数えられる。NAOCでは、心と心を結ぶ日本の美風の象徴でもある水引は、オリンピック参加者へのプレゼントとしてふさわしく、持ち運びにも便利であることから記念品に選定。飯田水引共同組合に制作を依頼し、6種類、合計1万6800個を作成し、一人に1個ずつ配布する。









ページトップへ