大会

HOME大会オリンピック競技大会北京2022オリンピックニュース【TEAM JAPAN選手団コメント】北京2022冬季大会開幕に寄せて(2)

第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)

ニュース

【TEAM JAPAN選手団コメント】北京2022冬季大会開幕に寄せて(2)

カテゴリ:オリンピック
2022.02.04

第24回オリンピック競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN選手団の開幕に寄せるコメントを一斉配信します。

■スケート/スピードスケート
・新濱立也
「オリンピックに向けて順調に準備はできているので今自分がやるべきことをやるだけです。目標は金メダルです。それを獲得するには自分を見失わないでプレッシャーに押し潰されないことだと思います。別海町の皆さまの応援を力に変えて最高のパフォーマンスをして地元の子どもたちにスケートの面白さや楽しさを教えてあげたいです。応援よろしくお願いします」

・森重航
「初のオリンピック出場にとてもわくわくしています。今シーズンいい状態できているので自分の滑りができるよう準備し、悔いのないレースをしたいです。地元の応援の声、メッセージも多数いただいているので、良い報告ができるよう最後まで全力で滑りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

・村上右磨
「いつも応援ありがとうございます。初めてのオリンピック代表とてもうれしいです。さまざまな方から祝福と応援の言葉をかけていただき、改めてオリンピックの影響力やパワーを感じました。現在はレースに向けて着々と練習ができ、調子も良くなってきているのでオリンピックでレースをするのが楽しみです。オリンピックの舞台で最高のパフォーマンスをしてメダルを日本に持って帰ります。応援よろしくお願いします」

・小島良太
「北京オリンピックが開幕直前となり、日に日に緊張感とワクワク感が増してきています。初めてのオリンピックという大舞台ですが、堂々とした心持ちで、のびのびと大きな滑りをしてきたいと思います。また世界には強く速い選手が多くいますが、私の強みを出して一つでも上の順位を目指し、世界への挑戦を楽しんできます。地元長野の皆さま、スケートを頑張りたいという子どもたちに勇気づけられるような姿を届けます。応援よろしくお願いします」

・一戸誠太郎
「今大会は、最高の状態で臨めればメダルは目の前にあると感じています。今年は自分自身によく『集大成』という言葉を用いました。よく聞くありきたりな言葉だと考えていましたが、この1年間の取り組みはまさにそれで、さまざまな思いがこもってしまったシーズンとなりました。しかし、目標にしていた舞台に立つことができて、言葉にはできない感謝の気持ちと今から始まる戦いに気持ちが高鳴っています。力の限り走り抜けます。皆さまの熱い声援をよろしくお願いいたします」

・小田卓朗
「北京オリンピックを目標に4年間試行錯誤しながらスケートを続けてきました。4年分のいろいろな思いがありますが、大会を目前にして気持ちも体も充実した状態です。緊張も興奮も全て受け入れて金メダルを目指して全開で滑ってきたいと思います。日本代表の選手達が戦う姿をぜひテレビで観戦して沢山の応援を北京まで送ってください。TEAM JAPAN全員一緒に戦いましょう。よろしくお願いします」

・土屋良輔
「2回目のオリンピック、怪我も無く順調に開幕を迎えられることに喜びを感じています。支えて下さった多くの人々、次世代のスケーター達に少しでも多くの夢と元気を与えられるよう全力で頑張ります」

・小平奈緒
「世界的に困難な状況の中、自己表現できる舞台に立てることに感謝しています。唯一無二の挑戦に果敢に挑み、私なりの『生き様』を示せるよう最善を尽くします。世界の仲間との試し合いを心から楽しみ、心温まる瞬間を皆さまと共有することができたら幸いです」

・髙木美帆(主将)
「この舞台に立てる喜びを胸に、また皆さまの応援を推進力に変えて、前へ前へ進んでいけるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

・郷亜里砂(旗手)
「今まで私を支えてくださった沢山の方々へ感謝の気持ちを込めて、思いっきり悔いのないレースをしてきたいと思います」

・佐藤綾乃
「いよいよオリンピックが近づいてきていますが、普段と変わらず着実に準備をすることができています。世界的にコロナ禍で大変な状況にもかかわらずオリンピックを開催していただけること、たくさんの関係者や応援してくださる方々に感謝します。今大会は“笑顔で迎え、笑顔で終える”、そんなオリンピックにすることが私のテーマです。そして、金メダルを目標に全力で戦ってきます」

・髙木菜那
「オリンピック会場でのトレーニングが始まり、いよいよ始まるなという気持ちになってきました。レースでは最高の滑りをして最高の結果が出せるように全力で頑張ります。応援してくださる方々に勇気や希望そして最高の笑顔を届けられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

・押切美沙紀
「このような状況下で参加するオリンピック、たくさんの感謝の気持ち、見てくれた方々に勇気や希望など何かを伝えられるようなパフォーマンスができたらいいなと思います。自分のできること積み重ね、ベストパフォーマンスを目指します」

・小坂凛
「代表に選ばれた時はうれしいと思う反面、選ばれなかった仲間の気持ちを考えると正直複雑な気持ちでした。でも今はこのチャンスをこれからの私のスケート人生にとってより良いものにするぞ、と思っています。スケートのおかげで沢山仲間ができて気が付いたら本州の方々にも応援していただけるようになって本当にありがたいです。皆さまには明るい挨拶と道具を大事にすることを大切にしてほしいです。皆さまが楽しく元気に頑張れるよう応援しています」

・堀川桃香
「ずっと目標にしていたオリンピックに自分が出場できることをとてもうれしく思っております。オリンピックでは自分の納得の行くレースをし、最後に笑って終われるように頑張って来ます。応援よろしくお願い致します」

■スケート/フィギュアスケート
・羽生結弦
「このような状況の中で、オリンピックが開催され、その舞台で演技できることに、さまざまな気持ちが存在しています。自分自身が感染しないように、感染を拡大させるための起因とならないようにすることと、競技に集中するための時間や、十分な呼吸が必要な場面などを高いレベルで両立することは、とても難しいことだと思います。そして、私たち選手の安全な空間を作ることも大変なことだと思います。その中での演技をとても大切に、大事にしていきたいと思っています」

・宇野昌磨
「今はまだ世界が不安定な中で、北京オリンピックが開幕しますが、日々練習に励み、健康及び感染には十分に気をつけて、オリンピックの氷に立つことへの努力が大事だと常に心がけています。昨年末からの足の怪我も徐々に回復しており、落ちた体力を戻すために追い込みの練習をしています。オリンピックでは、今持てる力を全て出し切った演技をお見せできるよう頑張ってきます。目標は全て演技が終わった後に、笑顔になっていたいことです。応援の力からとてもパワーを貰えますので皆さん応援して下さい」

・鍵山優真
「今回は人生で初めてのオリンピックです。ワクワクと緊張とどちらも感じています。オリンピックでの雰囲気を楽しみながら、競技では自分のできること全てを尽くし、過去最高の自分を出せるように頑張ります」

・木原龍一
「過去2回のオリンピックでは、自分に自信を持って試合に出場することができませんでした。今回の北京オリンピックでは、自分に自信を持ち、試合に出場したいと思います。また、シーズン前半戦同様『過去の自分達に勝つ』をテーマに走り抜けたいと思います」

・小松原尊
「初めてのオリンピックへ日本代表として出場できること、心より光栄に思います。今まで支えて下さった皆さま、ありがとうございます。演技で感謝の気持ちをお返ししたいです。頑張ります」

・坂本花織
「今シーズン初めの方は本当に不安で、どうなっていくか自分でもわかりませんでした。ですが、試合を重ねていくうちにどんどん調子が上がっていき全日本で『優勝して一発内定』という目標を達成することができ2度目のオリンピックの切符をつかむことができました。2回目のオリンピックで、今回はすごく前回以上にわくわくしていて今から楽しみです。4年前からの成長を試合でしっかり魅せられるよう精いっぱい滑ります」

・樋口新葉
「目標としていたオリンピック代表に選んでいただき、いよいよ大会が始まります。なかなか実感が湧かない日々が続きましたが、小さい頃からの夢の大舞台で悔いの残らない演技をするためにたくさん練習を積み重ねてきました。大会を開催するにあたり協力して下さる全ての皆さまに感謝し、応援してくださる皆さまに感動を届けられるように精いっぱい頑張ります」

・河辺愛菜
「今は楽しみな気持ちでいっぱいです。本番まで一生懸命練習をして、自分の精いっぱいの演技ができるように、オリンピックで滑っていることを楽しめるように、強い気持ちを持って頑張りたいです。オリンピックを見ている方が盛り上がりながら楽しんで見ていただけるような演技ができたらいいなと思います」

・三浦璃来
「私にとってのはじめてのオリンピック。辛いこともうれしかったことも共に乗り越えてきたチームと、この大きな舞台にたてること、本当にうれしく思います。今シーズンは結果ではなく過程を大切にしてきたので、オリンピックでも変わらず『今日もいい1日だった』と思えるよう精いっぱい頑張りたいと思います」

・小松原美里
「沢山のサポートや応援があったからこそ、今この場に居ることができています。ありがとうございます。感謝と誇りを持って、自分の今できることを誠実に行いたいです。楽沁む! よろしくお願い申し上げます」

■スケート/ショートトラック
・吉永一貴
「4年前に初めてオリンピックに出場させていただき、とても悔しい思いをしました。4年に1度のこの大舞台に戻ってこれたこと、すごくうれしく思います。最高のパフォーマンスができるよう残り少ない期間しっかり準備をし、個人・リレー共に金メダルを目指したいと思います。そして応援してくださる方に恩返しできるような滑りができればいいなと思います」

・菊池耕太
「オリンピックに向けコンディションを上げています。リレー2種目でのメダル獲得が目標です。普段はなかなかTVには映らないショートトラックを少しでも見て楽しんでいただけるような大会にします。応援よろしくお願いします」

・宮田将吾
「目標にしていた舞台に立って戦えるのはとても楽しみです。目標は個人、リレー種目両方でメダルを獲得することです。あとは楽しみながら積極的に攻めて、自分らしいレースができたらいいなと思います」

・小池克典
「今回オリンピック初出場ということで楽しみと不安が半々です。試合会場の雰囲気や選手村内のことなどわからないことしか無い大会ですが、競技のことに関してはただいつも通り、自分のやるべきことを行い最高の状態で試合に挑むだけだと思っています。今できる最高の滑りをしてきます」

・菊池純礼
「前回オリンピックから4年が経ちました。このような状況下でオリンピックの舞台に立てること、支えてくださる皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。北京オリンピックに4年間の全てをぶつけます」

・菊池悠希
「平昌オリンピックに続きもう一度オリンピックの舞台に立ち挑戦できることへの喜びを感じると共に、応援してくださる皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです。苦しかったこと、悔しかったこと、楽しかったこと、自分の成長を感じること、いろんなことを思い出しては、本当に多くの方の支えがあってここまで来られたのだと、この4年間を振り返りながら過ごしています。これまで、北京オリンピックでのメダル獲得に向けてひとつひとつ積み重ねてきた『努力と挑戦』が私の強さとなり、自信になっています。同じ目標に向かって共に戦ってきたチームメートの思いや、支えてくださる皆さまの応援を力に変えて、北京の舞台で精いっぱい戦ってきたいと思います」

・神長汐音
「今回が2回目となるオリンピック。誰も予想していなかったコロナウイルスにより現地に家族の応援はありませんが、たくさんの方の応援に応えられるようにまずは気持ちを上げていく。この舞台に立てることに感謝の気持ちを持って、そして楽しみます」

※(3)へ続く



ページトップへ