HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【飛込み】宮嵜選手、日本人20年ぶりの決勝は11位に終わる

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【飛込み】宮嵜選手、日本人20年ぶりの決勝は11位に終わる

カテゴリ:オリンピック
2004.08.23
【飛込み】宮嵜選手、日本人20年ぶりの決勝は11位に終わる
20年ぶりに決勝進出を果たした宮嵜選手

8月22日、女子10m高飛込みの5日目、決勝が行われた。21日の準決勝を突破し、この種目の日本人選手としては、1984年ロサンゼルス大会9位の馬渕よしの選手以来20年ぶりの決勝進出を果たした宮嵜多紀理選手が出場。合計479.10点を記録し11位で終了した。

優勝は590.31点をマークしたオーストラリアのニューベリー選手。









ページトップへ