HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【シンクロナイズドスイミング】立花選手、武田選手ペアは2位発進

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【シンクロナイズドスイミング】立花選手、武田選手ペアは2位発進

カテゴリ:オリンピック
2004.08.24
【シンクロナイズドスイミング】立花選手、武田選手ペアは2位発進
立花選手、武田選手はデュエットのテクニカルルーティン2位

8月23日、シンクロナイズドスイミングの初日、デュエット予選前半のテクニカルルーティンが行われ、2000年シドニー大会銀メダルの立花美哉選手、武田美保選手のペアが49.000点で2位に入った。
トップは昨年の世界選手権で優勝したダビドワ選手、エルマコワ選手のペア(ロシア)で記録は49.417点。3位はバートシック選手、コズロバ選手のペア(アメリカ)。
24日にはデュエットのフリールーティンが行われる。









ページトップへ