HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【レスリング】女子フリースタイル4階級で、メダル獲得!

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【レスリング】女子フリースタイル4階級で、メダル獲得!

カテゴリ:オリンピック
2004.08.24
【レスリング】女子フリースタイル4階級で、メダル獲得!
吉田選手は決勝でカナダのバービック選手に判定勝ち。連続優勝記録を17に伸ばした
【レスリング】女子フリースタイル4階級で、メダル獲得!
伊調馨選手はマクマン選手に逆転判定勝ちで優勝

8月23日、レスリング2日目は女子4階級の決勝までが行われ、55kg級の吉田沙保里選手と63kg級の伊調馨選手が金メダル、48kg級の伊調千春選手が銀メダル、72kg級の浜口京子選手が銅メダルを獲得した。
55kg級の吉田選手は準決勝でゴミス選手(フランス)に接戦したものの、7−6で振り切った。決勝はバービック選手(カナダ)相手に積極的に攻め、6−0の判定勝ち。金メダルを獲得するとともに、国際大会の連続優勝記録を「17」と伸ばした。
63kg級の伊調馨選手は準決勝で世界を2度制しているレグランド選手(フランス)に4−0で快勝。決勝は昨年の世界選手権を争ったマクマン選手(アメリカ)との対戦となり、0−2とリードされたものの、そこから3点を奪い、逆転の判定勝ちで金メダルを取った。
48kg級の伊調千春選手は決勝へ進んだものの、メルニク選手(ウクライナ)相手に、9分間のフルタイムを戦った末に審判協議の判定で敗れ、銀メダルに終わった。
72kg級の浜口選手は準決勝で昨年世界3位の王旭選手(中国)に苦杯を喫し3位決定戦へ。そこでサヤエンコ選手(ウクライナ)を4−0で下し、銅メダルを獲得した。
日本代表のレスリング女子チームは4階級すべてでメダルを取った。48kg級はメルニク選手、72kg級は王旭選手が優勝した。









ページトップへ