HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【陸上競技】23日、24日の競技の結果

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【陸上競技】23日、24日の競技の結果

カテゴリ:オリンピック
2004.08.25

8月23日、陸上競技4日目、女子20km競歩が行われ、川崎真裕美選手が出場。記録は1時間37分56秒で40位に終わった。優勝は、地元ギリシャのツメレカ選手で、タイムは1時間29分12秒だった。
フィールド競技では女子ハンマー投げ予選が行われ、室伏由佳選手が出場したが、予選通過ラインの68メートル50には届かず、決勝進出を逃した。

24日に行われた男子110mハードル1次予選には、内藤真人選手と谷川聡選手の2選手が出場。谷川選手が13秒39の日本新をマーク、また内藤選手は 13秒56で二人とも2次予選進出を決めた。トラックでは続いて男子200m1次予選が行われ、高平慎士選手と松田亮選手が出場したが、高平選手が21秒 05、松田選手は足の故障で24秒59という記録で、2次予選には進めなかった。
フィールドで行われた男子走幅跳びの予選には寺野伸一選手が出場したが、7m70で決勝進出を逃した。
男子400mハードルに出場した為末大選手は、前日に行われた予選を48秒80で通過。準決勝では48秒46と今シーズンの自己ベストだったが、残念ながら決勝進出はならなかった。吉澤賢選手は、予選で50秒95と準決勝進出を逃している。









ページトップへ