HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【レスリング】田南部選手が銅メダル獲得。さらに井上選手が準決勝へ

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【レスリング】田南部選手が銅メダル獲得。さらに井上選手が準決勝へ

カテゴリ:オリンピック
2004.08.29

28日に行われたレスリング競技第7日は、男子フリースタイルの決勝などが行われ、準決勝へ進出した男子フリースタイル55kg級の田南部力選手がアバス選手(アメリカ)に0−3で敗れ、3位決定戦へまわった。3位決定戦ではカーンタノフ選手(ギリシャ)を7−0で破り、銅メダルを獲得。このメダルで、レスリング男子は戦後初参加した1952年ヘルシンキ大会以来、不参加だったモスクワ大会を除いてすべての大会でメダルを獲得した。
男子フリースタイル60kg級の井上謙二選手は予選リーグ1回戦でザハルディノフ選手(ウズベキスタン)に2−3で判定負けしたが、2回戦で鄭栄鎬選手(韓国)に7−2で判定勝ち。さらに3回戦ではシケル選手(オーストリア)を5分41秒、テクニカルフォールで下した。その結果、井上選手と鄭栄鎬選手が勝ち点「8」で並び、直接対戦で勝っている井上選手の決勝トーナメント進出が決定した。
男子フリースタイル74kg級の小幡邦彦選手は1回戦でマン選手(インド)を下したが、その後フンドラ選手(キューバ)に判定で敗れた。









ページトップへ