HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【バドミントン】記者会見行われる

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【バドミントン】記者会見行われる

カテゴリ:オリンピック
2004.08.13
【バドミントン】記者会見行われる
左から喜多コーチ、山本選手、中山選手、米倉選手、舛田選手、今泉コーチ

8月12日夕刻、オリンピック選手村でバドミントンの記者会見が行われた。
出席者は、今泉勉男子コーチ、喜多務女子コーチ、選手は舛田圭太選手、米倉加奈子選手、中山智香子選手、山本静香選手の4名が参加した。

今泉コーチは男子の状況について「バドミントンの代表選手は、5月1日発表の世界ランキングで決定した。その後3カ月をかけてレベルアップを図ってきた。力をすべて出せば、結果はついてくると思っている。
8 日にアテネ入りして、この4日間の前半2日は、午前と午後半日ずつ時差調整を中心とした軽い運動、後半2日間はしっかり汗をかく練習をした。昨日は同じ体育館で韓国チームの選手が練習していたので、ゲーム形式の練習をお願いし、あさって(14日)からの試合のイメージをつかんだ」
喜多コーチは「女子のスケジュールは男子と同様。現在は個々に初戦に向けた調整をしている。アテネ入り後のコンディションは1日ごとに上がっている。あせらず身体と気持ちを高めているところ。全員が初戦突破することが目標」と状況を説明。

選手は試合への抱負を、
舛田選手「昨日韓国チームとゲーム形式の練習をして、思っていたより調子がよいと感じた。男子は強豪が多いので、まず予選突破したい。初戦の相手は第2シードの中国。スピードとパワーがすごいペアでこれまで6戦0勝の相手だが、何度も対戦しているだけに相手のことはよく分かっている。今回はダブルス1種目に賭けたので、どうしても結果を出したい」

米倉選手「アテネの暑さに対する不安があったが、実際に来てみると夜は涼しく日本より過ごしやすい。初戦の相手はシドニー大会銀メダリスト、デンマークのマーチン選手。感情の起伏が激しい選手なので、試合中何回も怒らせてチャンスをつかむ。2回目のオリンピックだが、前回より体調がいい。試合会場には家族が応援に来てくれるので、家族の前でいいプレーがしたい」

中山選手「今は絶好調とはいえない体調だが、17日の試合までに余裕を持って調整したい。シードをもらっているので、2回戦からになるが、1回戦で勝ち上がってくるのはたぶんタイのペア。4月の対戦では相手のレシーブのうまさに負けたが、若いペアなので相手のミスを誘うような展開をして、吉冨選手と力を合わせて最後まで頑張る」

山本選手「ミックスダブルスとダブルスに出場するが、どちらも1回戦が勝負。初戦はミックスダブルスはイギリスのペア、ダブルスはマレーシアのペアと対戦する。ダブルスの山田選手と組むのはこれが最後になる。2人で力を合わせて1つでも上にあがれるよう頑張る」









ページトップへ