HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【ソフトボール】6−0とチャイニーズ・タイペイを完封に抑え完勝

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【ソフトボール】6−0とチャイニーズ・タイペイを完封に抑え完勝

カテゴリ:オリンピック
2004.08.16

8月15日、初戦無安打でオーストラリアに1敗を喫したソフトボール日本チームが、1次リーグ第2戦でチャイニーズ・タイペイに完勝した。
日本は初回、四球を選んだ山田恵里選手を内藤恵美選手が二塁に送ると、4番・斎藤春香選手が二死二塁から左前へチーム初安打。相手チームが打球の処理に手間取っている間に、二塁走者の山田選手が本塁を踏んで1点を先制した。2回には、山田、内藤、伊藤の3連続ヒットや、チャイニーズ・タイペイの守備の乱れを突く攻撃で、打者9人、一挙4点を奪う猛攻撃を展開。その後も、5回に山路典子選手の二塁打で1点を加え、6−0とリードを広げた。
一方、先発の坂井寛子選手は、二塁を踏ませない好投で、チャイニーズ・タイペイチームをわずか2安打に抑え込み完封。この日は、投打ともに噛み合った本来の日本チームの実力を発揮、機動力のある攻撃を取り戻した。最大のライバルといえるアメリカとの試合は16日。そのアメリカは、オーストラリアに10−0と大勝し、現在2連勝。宇津木監督をはじめ、チーム一丸となって悲願の金メダルに向かい、強敵を倒す勢いだ。









ページトップへ