HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【卓球】安定した力を見せ、ベテラン松下選手が3回戦へ

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【卓球】安定した力を見せ、ベテラン松下選手が3回戦へ

カテゴリ:オリンピック
2004.08.17

8月16日、卓球の3日目、男子シングルス2回戦が行われ、4大会連続出場の松下浩二選手がダニー・ハイスター選手(オランダ)を4−0とストレートで破り、3回戦進出を決めた。ハイスター選手は、世界ランクで松下選手より上。格上の選手を相手に、この日の松下選手はカットの切れも良く、最後まで集中して終始主導権を握りながら試合を進める快勝劇だった。

一方、男子ダブルス2回戦では、鬼頭明選手と田俊雄選手ペアが地元ギリシャのペアに4−3で競り勝ったが、新井周選手と遊澤亮選手のペアは、ドイツペアに0−4とストレート負けを喫した。

女子ダブルスでは4回戦が行われ、第7シードの藤沼亜衣選手と梅村礼選手ペアが香港の柳絮飛選手、林菱選手のペア(香港)を4−2で下し、準々決勝進出を決めた。









ページトップへ