HOME大会オリンピック競技大会アテネオリンピック2004ニュース【陸上競技・砲丸投げ】森千夏選手、聖なる地で投てき

第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)

ニュース

【陸上競技・砲丸投げ】森千夏選手、聖なる地で投てき

カテゴリ:オリンピック
2004.08.19
【陸上競技・砲丸投げ】森千夏選手、聖なる地で投てき
オリンピアのスタディオンで投てきをする森選手

8月18日、陸上競技の初日、古代オリンピックの聖地オリンピアで、男女の砲丸投げが行われた。このオリンピック遺跡スタディオンでの競技開催は、ゼウスに勝利を捧げた古代オリンピック以来1611年ぶりのこと。遺跡保護のため、いっさい手を加えず、15,000人に制限された観客は芝生の斜面に腰を下ろし、記録の表示も手動式ボードが使用された。選手はゼウス神殿から凱旋門をくぐり入場した。
女子予選に出場した森千夏選手は18m22cmの日本記録を持つが、15m86cmと実力を出しきれず、32位にとどまり決勝進出はできなかった。









ページトップへ