HOME大会アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバンアジア大会2018 ニュース【日本代表選手団コメント】ジャカルタ・パレンバンアジア大会閉幕に寄せて(ハンドボール、柔道、ソフトボール、バドミントン、近代五種)

ニュース

【日本代表選手団コメント】ジャカルタ・パレンバンアジア大会閉幕に寄せて(ハンドボール、柔道、ソフトボール、バドミントン、近代五種)

2018.09.02

 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)の閉幕に寄せる日本代表選手団のコメントを一斉配信します。

■ハンドボール

・飛田季実子
チームの目標としてきたことが達成できなかったので悔しい大会にはなりましたが、1試合1試合、全員が全力で戦った結果、銅メダルを獲得することができました。スタッフを含め、チームメイトを誇りに思います。今大会の反省すべき点は必ず次に生かすことができるよう、また新たに頑張っていきたいと思います。大会期間中、たくさんの方にご支援をいただき競技に集中することができました。本当にありがとうございました!!

・寺田三友紀
たくさんのご声援ありがとうございました。初めてのアジア大会で悔しい結果となりましたが、チームの一員としてコートでプレーすることができとても光栄です。今後も一層精進し次の大会につなげていきたいです。

・石立真悠子
目標とした結果が得られず、とても悔しく残念です。しかし、その過程でいただいた沢山のご支援ご声援、現地でのサポートのお陰で、チームジャパンとして思いを背負って戦い抜くことができたことに、喜びと誇り、そして大きな感謝を感じています。ありがとうございました。

・永田しおり
たくさんのご声援ありがとうございました。アジア大会では悔しい結果になりましたが、今大会で出た課題を修正し、12月のアジア選手権でリベンジしたいです。また、他競技の日本選手が活躍することで私も頑張れました。これからもTeam JAPAN皆さんの活躍を応援し、共に頑張りましょう。

・塩田沙代
今大会では目標には届きませんでしたが、たくさんの方々の支えがあり、銅メダルを獲得することができました。今回の悔しさを忘れずに練習に励み、必ずリベンジし、今後につなげていきます。また、「チームJAPAN」として戦う中で、他競技の方々の活躍にとても刺激を受けました。たくさんの応援、本当にありがとうございました。

・勝連智恵
今回、金メダルという目標に届かず悔しい思いをしましたが、インドネシアの地で日本代表の一員としてアジア大会に参加できたこと、戦えたことは素晴らしい経験となりました。今回の悔しさをバネに、2020年の東京オリンピックでのメダル獲得に向けて頑張りたいと思います。本当に沢山の応援ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

・河田知美
多くの方にサポートして頂き、初めてのアジア大会を経験することができました。銅メダルを獲得することはできましたが、自分たちの求めているものには届かず悔しい思いをしました。この悔しさを必ず次への糧とし、さらにレベルアップしたいと強く思いました。またチームや仲間、スタッフ、関係者の皆様、応援して下さっている方々には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも競技の魅力を多くの方々に伝えていきたいと思います。

・横嶋彩
仁川アジア大会が代表初の大会だったので、今回のアジア大会はすごく楽しみで、思い入れのある大会でした。前大会よりも良い成績をと臨んだ大会でしたが、内容的にも結果的にも悔しさが残る銅メダルでした。しかし、この悔しさや経験を東京オリンピックにプラスのエネルギーとしてつなげていき、またパワーアップしていきます。現地でサポートしてくださった方々、日本で応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

・原希美
アジア大会という、最高の舞台でハンドボールができたこと、そして銅メダルを獲得できたこととてもうれしく思います。メダルを獲得できたうれしい気持ちもありますが、目標としていた結果には届かず、正直悔しい気持ちがとても大きいです。この悔しさを忘れずに、さらに強くなって次の大会につなげたいと思います。今大会、たくさんの方々の温かい声援が本当に力になりました! 本当にありがとうございました。これからもたくさんのご声援よろしくお願いします。

・多田仁美
初めて出場したアジア大会でしたが、目標にしていた決勝に行くことはできず、銅メダルという結果でした。この結果をこれからの競技生活に生かし、もっともっと強い姿をお見せできるように取り組んでいきます。アジア大会中は、毎日多くの方に支えていただきました。たくさんの人の支えがあり、この大会を終えることができたことをとても感謝しています。ありがとうございました。

・大山真奈
まず大会期間中、私たちの為にサポートしてくださった全ての方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。今大会、目標にしてきたことが達成できず悔しい気持ちでいっぱいですが、ここで立ち止まることなく、常に前進していけるよう頑張っていきたいと思いますまで、今後とも温かい声援をよろしくお願いします。

・角南果帆
自身にとって初のアジア大会は3位で終わりました。大会が終わりこの3週間を振り返ると、全て自分にとってもチームにとっても競技者として大きな経験になったと思います。準決勝で敗れ、金メダルを獲得することができませんでしたが、負けから学ぶことや、他国から学ぶことが多くあり、貴重な銅メダルだったと思います。この経験を糧に、これからハンドボール女子日本代表は今以上に精進していきます! 日本の皆様、応援ありがとうございました!

・板野陽
今大会に向けて合宿を重ね、調整をしてきましたが、残念ながら目標としていた結果ではありませんでした。この結果を真摯に受け止め、チームを勝利に導ける選手に必ず成長します。また今大会、現地の方の温かさや日本で応援して下さる方々の声の多さに感動しました。日本で応援してくださった皆様、連日の温かいご声援、ありがとうございました。これからもおりひめJAPANの応援よろしくお願いします。

・永田美香
初めてのアジア大会で目標には届きませんでしたが、銅メダルを獲得することができました。たくさんの方々の応援が力になりました。本当にありがとうございました。この大会で個人としてもチームとしてもたくさん成長させてもらいました。この経験を次の大会につなげていけるように、また日々の練習に取り組んでいきたいと思います。

・秋山なつみ
初めてのアジア大会で、すべてが良い刺激になり、とても良い経験をさせていただくことができました。試合では予選リーグから準決勝に上がる際、いきなりレベルが上の相手との試合で自分たちの思うペースで試合運びができず、納得のいく結果に達することができませんでした。ですが、自分自身たくさんの出場機会を頂き、確率の良いシュートも決めることができ、手応えある大会となりました。3位という結果を受け止め、これも次の大会につながる経験だと思うので、これからも頑張っていきたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました!

・藤田明日香
今回初めてアジア競技大会に出場させて頂きました。日本の代表として日の丸を背負い、このような素晴らしい経験ができたことを本当に誇りに思います。また来年、再来年の世界大会、そして次のアジア大会では金メダルをとれるように今大会で得たものを次につなげて頑張っていきたいと思います。

■柔道

・飯田健太郎
今回初めてアジア大会に出場し、日本を背負って戦うというプレッシャーはすごいものだと感じました。アジア大会に出場することが決まってから、優勝するためにやることはやったという思いで試合に臨みました。プレッシャーは少しありましたたが、緊張はそんなにせず、「やってやろう。絶対勝つ」という思いの方が強かったと思います。試合内容には課題がたくさんありますが、優勝ということで良い結果で終われました。選手村や試合会場、すべてにおいてスケールが大きく戸惑ってしまうこともありましたが、良い経験になったと思います。この経験を2020年の東京オリンピックに生かしたいです。

・佐々木健志
8月30日に試合を行い、結果は5位。優勝を狙っていただけにとても悔しい結果となりました。試合の内容についても自分の持ち味を十分に発揮することができず、自分の未熟さをあらためて感じることとなりました。今大会で味わったこの苦い思いを糧として、競技力向上のため、今後の生活に生かしていきたいと思います。

・佐藤瑠香
今回アジア大会に参加させて頂き、普段の国際大会とは違った緊張感、プレッシャー、選手村や慣れない環境の中での調整など、沢山の経験をさせていただきました。この経験を2020年の東京オリンピックの舞台で生かせるよう、これから行われる試合に向けて頑張ります。ありがとうございました。

・新添左季
アジア大会に参加させていただいて、いろいろな競技の選手と挨拶をしたり会話をすることができ、とても新鮮な気持ちになりました。また今大会では金メダルを獲得しましたが、内容に対しては沢山の課題が残りました。課題を1つずつ克服し、ここでの経験をこれからの試合1つ1つに生かせるよう、また努力をしていきたいです。

・鍋倉那美
アジア大会では優勝しかないと思い準備をしてきた中、優勝し、一つのタイトルをとることができて良かったです。今回は初めてのアジア大会出場となりました。結団式への参加、試合前のメディア対応、選手村での生活など、すべて初めてのことで良い経験ができました。アジア大会に参加したことで、より現実的に東京オリンピックへの思い、その覚悟が強くなりました。

・玉置桃
今大会は東京オリンピックに向けての予行練習だと思っていました。この大会にものすごく時間や思いを懸けていたので、結果優勝につながってうれしかったです。今後は戦う前から「勝つ」というオーラを出していくこと、そして、審判に頼らないで必ずポイント、一本を取って勝つようにしていかなければならないと思いました。そして、東京オリンピックでは必ず父に自分の試合を見てもらえるようにしたいです。今までお世話になった人たちに、柔道の借りは柔道で返したいと思います。

■ソフトボール

・上野由岐子(旗手)
アジア大会5連覇を達成することができてうれしいです。アジア大会は毎回日本の強さをアピールできている大会になっていると思いますが、今回も大量得点の試合が多かったですし、過去の大会に比べたら楽な試合が多かったと思います。また、今大会は旗手に指名していただけてすごくうれしかったですし、ソフトボール競技に注目してもらえている喜びもありました。その部分が大きかったです。一方、チームとしては監督が若い選手をたくさん使っていたので、若手選手にはそこで各々がどれくらい自分をアピールできたのかという反省をして、次に生かしてほしいと思います。東京オリンピックに向けて、このアジア大会はまだ通過点だと思います。

■バドミントン

・山口茜
今大会は空調の影響でシャトルのコントロールが難しかったと思います。個人戦は自分らしいプレーを出せたと思うので、しっかりと切り替えるという意味では良い経験になったと思います。個人で銅メダルをとれたことに関しては良かったと思います。一方、団体戦ではなぜ個人戦のようなプレーができなかったんだろうという思いはあります。こうした場面はこれからたくさん出てくると思いますので、今大会の経験を無駄にしないで頑張っていきたいです。

・奥原希望
個人戦のシングルスは対戦相手というよりも、会場に対してのコントロール不足かなと思います。団体戦とは風が違っていて、それに対して最後までコントロールできませんでした。ただ、敗れた試合は短い時間の中でも色々な駆け引きがあったので、収穫はあったかなと思います。この感覚を忘れずに次の試合につなげていきたいと思います。

・橋礼華
個人戦ダブルスの決勝は1ゲーム目が悔やまれますが、4年前と違って自分たちのプレーはすごく出せたと思います。決勝にふさわしいプレーができたかなと思いました。団体戦を含めて、悪い試合だったなと思う試合はありませんでしたし、良いプレーの方が多かったので、今後につながる良い大会だったと思います。レシーブも攻撃も今大会を通して成長できたと思います。

・松友美佐紀
個人戦ダブルスの決勝は敗れてしまいましたが、久しぶりに良い試合ができたと思いますし、団体戦でも良い試合がたくさんできたと思います。今後もこのような試合をもっとたくさんして成長できればと思いますので、またしっかりと頑張っていきたいです。

・福島由紀
個人戦ダブルスの準決勝以外は大会を通じてすごく良いプレーができていたので、そこは良かったと思います。メンタル面でまだ伸びしろがあることは互いに感じていると思いますし、2年後の東京オリンピックに向けて、自分たちはまだまだ強くなれるとも思っているので、今回の結果をプラスに考えて2年後に向けて頑張りたいです。個人戦は今回銅メダルという結果に終わりましたが、次は金メダルという目標を持って頑張っていきたいです。

・廣田彩花
今大会は良いプレーができていた分、個人戦ダブルスの準決勝は全部の力を出し切れなかったことが悔しいです。ただ、これも結果として受け止めていますし、まだまだ強くなれると感じているので、次の大会に向けて2人で頑張っていきたいと思います。団体戦ではプレッシャーを感じることもなく、しっかりと力を出せました。チームにも貢献できたと思うので、その点は良かったですし、すごく自信になりました。

■近代五種

・島津玲奈
個人第4位という結果に終わり、目指してきた結果を出すことはできませんでしたが、今シーズンの中では調子を上げることができた中での結果なので、素直に受け入れたいと思います。またこの大会で課題も見つかりました。課題を克服し、東京オリンピックにつながる戦いをこれからしていきたいと思います。大会中はたくさんの応援がとても力になりました。心から感謝します。ありがとうございました。

・朝長なつ美
金メダルを目指していたのでとても悔しい気持ちでいっぱいですが、最初で最後のアジア大会だったので、出場できて良かったです。今回は馬術での失敗が大きく影響したので、この経験を生かし、東京オリンピックにつなげたいです。たくさんの方々の応援、サポートに心から感謝しています。ありがとうございました。



ページトップへ