HOME大会アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバンアジア大会2018 ニューストランポリン、上山と森が代表に 世界選手権などの選考会

ニュース

トランポリン、上山と森が代表に 世界選手権などの選考会

2018.05.20
トランポリン、上山と森が代表に 世界選手権などの選考会
代表に決まった上山容弘(左)と森ひかる=ヤマト市民体育館前橋(共同)

 トランポリンの世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)などの代表選考会を兼ねた全日本年齢別選手権は20日、前橋市のヤマト市民体育館前橋で行われ、男子個人は上山容弘が60・225点、女子個人は森ひかるが55・700点で優勝し、ともに選考基準を満たして代表に決まった。
 男子は決勝の結果、女子は予選、決勝の合計得点で選考。2枠のジャカルタ・アジア大会代表は男子が上山、堺亮介、女子が森と宇山芽紅に決まった。女子で昨年の世界選手権2位の岸彩乃は予選で敗退した。
 世界選手権の残りの代表は最終選考会(6月・高崎アリーナ)で決まる。(共同)



ページトップへ