HOME大会アジア競技大会仁川アジア大会2014ニュース日本が女子団体で決勝へ アジア大会卓球

第17回アジア競技大会(2014/仁川)

ニュース

日本が女子団体で決勝へ アジア大会卓球

2014.09.29
日本が女子団体で決勝へ アジア大会卓球
最終試合でシンガポールを破って決勝進出を決め、タッチして喜ぶ石川(左)と福原。中央は平野早=水原(共同)

<アジア大会卓球29日>団体準決勝で日本の女子はシンガポールを3―2で下して決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。福原愛と石川佳純が勝ち、その後連敗して追いつかれたが、最終試合を石川が制した。30日の決勝で中国と対戦し、1966年バンコク大会以来の金メダルに挑む。
 男子は6連覇を狙う中国に0―3で敗れ、2大会連続の銅メダル。松平健太、水谷隼、村松雄斗が3連敗した。
 混合ダブルスで岸川聖也・福原組と丹羽孝希・平野早矢香組が初戦の2回戦を突破。女子ダブルスの石川・平野早組と福原・若宮三紗子組も1回戦を勝った。



  • 仁川アジア大会2014
  • ニュース
  • 写真
  • 競技日程
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 日本代表選手団 入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • アジア大会ヒストリー
  • 会場マップ
  • オフィシャルスポーツウェア






ページトップへ