HOME大会アジア競技大会仁川アジア大会2014ニュース西岡が決勝進出、杉田ら銅 アジア大会テニス

第17回アジア競技大会(2014/仁川)

ニュース

西岡が決勝進出、杉田ら銅 アジア大会テニス

2014.09.28
西岡が決勝進出、杉田ら銅 アジア大会テニス
男子シングルス準決勝 インド選手に逆転勝ちし、決勝に進出した西岡良仁=仁川(共同)

<アジア大会テニス28日>シングルス準決勝で、男子は19歳の西岡良仁(ヨネックス)がインド選手に逆転勝ちし、決勝に進んだ。30日に金メダルを懸け、杉田祐一(三菱電機)を退けた第1シードの盧彦勲(チャイニーズ・タイペイ)と戦う。杉田は銅メダル。
 女子は第3シードの江口実沙(北日本物産)、第6シードの穂積絵莉(レック興発)がともに敗れて銅メダルだった。
 混合ダブルス準決勝では杉田、青山修子(近藤乳業)組が第1シードのチャイニーズ・タイペイペアにストレート負けし、銅メダルとなった。(共同)



  • 仁川アジア大会2014
  • ニュース
  • 写真
  • 競技日程
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 日本代表選手団 入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • アジア大会ヒストリー
  • 会場マップ
  • オフィシャルスポーツウェア






ページトップへ