HOME大会アジア競技大会仁川アジア大会2014ニュース男子団体で日本初優勝 アジア大会体操

第17回アジア競技大会(2014/仁川)

ニュース

男子団体で日本初優勝 アジア大会体操

2014.09.22

<アジア大会体操21日>個人総合、種目別の予選を兼ねた男子団体総合が行われ、日本は世界選手権に出場する内村航平(コナミ)ら主力が不在の中、355・475点で初優勝を果たした。韓国が350・875点で2位に入り、11連覇を狙った中国は350・300点の3位だった。
 23日の個人総合決勝には、88・850点の神本雄也(日体大)が1位、山本雅賢(徳洲会)が2位で進んだ。(共同)



  • 仁川アジア大会2014
  • ニュース
  • 写真
  • 競技日程
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 日本代表選手団 入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • アジア大会ヒストリー
  • 会場マップ
  • オフィシャルスポーツウェア






ページトップへ