JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / 日本の出場権獲得条件・日本代表候補選手の決定条件 / スキー
   
TORINO 2006

日本の出場権獲得条件/日本代表候補選手の決定条件
スキー

アルペン 国内競技連盟による選考条件:男女共通統一基準
  1. 2005世界選手権で10位以内に入った選手
  2. 2004-2005シーズン終了時、種目別世界ランキング15位以内の選手 
  3. 2005-2006シーズンおいて(SL.GS.SG共通種目)・WCで30位以内1回・ECで15位以内1回または、20位以内2回の成績を収めた選手 
  4. 強化コーチ推薦選手

    バンクーバーオリンピック対策で、特に有望な選手を選考する場合がある

クロスカントリー

国内競技連盟による選考条件

  1. 2005世界選手権入賞者
  2. 2004-2005シーズン終了後、WCレッドグループ入りしている選手
  3. 2005-2006シーズンWC第1ピリオド終了後、WCランキングリスト30位以内に入った者
  4. 2005-2006シーズンWC第1ピリオドで10位以内に1回以上入った者
  5. 2005-2006シーズンWC第1ピリオドのリレーで8位以内に入ったメンバー

    優先順位は1〜5の項目順。バンクーバーオリンピック対策で、特に有望な選手を選考する場合がある

ジャンプ

国内競技連盟による選考条件

  1. WC優勝及び表彰台入賞者
  2. WC6位以内入賞者(上位順)
  3. WC15位以内入賞者(上位順)
  4. WC20位以内ポイント獲得者(上位順)
  5. WC30位以内ポイント獲得者(上位順)
  6. コンチネンタルカップ3勝以上(第2ピリオド)

    選手選考期間は基本的に2005-2006シーズンWC第2ピリオドとする。もし上記にあてはまらない場合は、第1ピリオドを対象とし、選手選考会議を開く

ノルディック複合

国内競技連盟による選考条件

2005-2006シーズンWCランキング上位5選手

フリースタイル

国内競技連盟による選考条件

FISの定める資格獲得期間(2004年7月?2006年1月)中に、以下の基準をクリアすること

モーグル

  1. 2005 世界選手権及び2005-2006シーズンWC表彰台
  2. WC6位以内入賞及び2回以上の決勝進出者
  3. エントリー直近WC総合成績20上位より選考
  4. 強化コーチ推薦

エアリアル

  1. WC6位以内入賞
  2. WC12位以内
  3. 強化コーチ推薦

    前記1〜4は2005-2006シーズンの成績とする。またバンクーバーオリンピック対策で、特に有望な選手を選考する場合がある

スノーボード

国内競技連盟による選考条件

ハーフパイプ

  1. 2005世界選手権優勝者
  2. 2005世界選手権5位以内入賞と2004-2005のWCの実績を考慮(WCは順位と決勝進出率等で評価)
  3. 2004-2005シーズンWC及び世界選手権実績及び、2005-2006シーズンWCの2〜3試合までの実績(12月までを想定)を考慮/優先順位は1〜3の項目順とする

    バンクーバーオリンピック対策で、特に有望な選手を選考する場合がある

パラレル大回転

  1. 2005世界選手権優勝者
  2. 2004-2005シーズンWCの実績を参考
  3. 2004-2005シーズンWC及び世界選手権実績及び、2005-2006シーズンWCの2〜3試合までの実績(12月までを想定)を考慮/優先順位は1〜3の項目順とする

    バンクーバーオリンピック対策で、特に有望な選手を選考する場合がある

スノーボードクロス

世界選手権の成績又はWCで、女子セミファイナル2回以上、男子クォーターファイナル2回以上、またはこれに匹敵する成績の選手を選考。バンクーバーオリンピック対策で、特に有望な選手を選考する場合がある