JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / 日本の出場権獲得条件・日本代表候補選手の決定条件 / スケート
   
TORINO 2006

日本の出場権獲得条件/日本代表候補選手の決定条件
スケート

スピードスケート

国際競技連盟による出場条件

同競技の参加人数は男女とも最大10名まで。500m、1000m、1500mの出場枠は男女4名。長距離はオリンピック前(2005-2006シーズン)までの最新のワールドカップポイント、タイムランキングなどで決定。チーム・パーシュート(新種目)は、オリンピック前(2005-2006シーズン)までのポイントランキング8位までの国が出場権を得る

国内競技連盟による選考条件

3月3日〜6日に開催される世界距離別選手権大会(ドイツ・インツェル)で3位以内に入賞した選手を内定とする(ただし上位2名まで)。最終選考会
は全日本スプリント選手権(12月)

フィギュアスケート

国際競技連盟による出場条件

3月14日から行われる世界選手権(モスクワ)により各国の出場枠が決定

国内競技連盟による選考条件

12月に開催予定の全日本フィギュア選手権を最終選考会とする

ショートトラック

国際競技連盟による出場条件

10月に開催予定のワールドカップ・ヨーロッパ地区2大会の合計ポイントランキングにより各国の出場枠が決定

国内競技連盟による選考条件

最終選考会となる全日本ショートトラック選手権(12月)終了時に選考