JOC
 / オリンピック / トリノ2006 / 世界をわかせた人と記録 / 海外選手の活躍編
   
世界をわかせた人と記録

海外選手の活躍編
仲良くメダリスト!

クリスティーヌとマリエルのゴワシェル姉妹(フランス)は1964年インスブルック冬季オリンピックにアルペン女子回転で出場。妹のクリスティーヌが金メダル、姉マリエルが銀メダルを獲得しました。同大会の大回転では逆に姉マリエルが金メダル、妹クリスティーヌが銀メダルをとりました。

マリエル・ゴワシェル選手
マリエル・ゴワシェル選手

ジェニソンとジョンのヒートン兄弟(米国)は、1928年のサンモリッツ冬季オリンピックで初めて実施されたスケルトンに出場。このときの成績は兄ジェニソンがが金メダル、弟ジョンが銀メダルを獲得。弟のジョンは20年後の1948年、公開競技の冬季5種競技(距離スキー、射撃、滑降、フェンシング、馬術)に出場し、2位になります。彼はこの時39歳。21年にもわたる競技生活で、冬のオリンピックで最も息の長い選手となりました。

ジェニソン・ヒートン選手(右)
ジェニソン・ヒートン選手(右)

男女そろっての金メダルはカナダのアイスホッケーチーム。2002年ソルトレークシティー冬季オリンピックで男女ともに優勝しました。

カナダの男子アイスホッケーチーム
カナダの男子アイスホッケーチーム


< 4/8 次のページへ >