/ JOC / JOC ニュース / 2010 / 【バンクーバーオリンピック】日本代表選手団が集結!結団式・壮行会を開催
 
2010/01/18
【バンクーバーオリンピック】日本代表選手団が集結!結団式・壮行会を開催

日本オリンピック委員会(JOC)は、1月18日、都内において第21回オリンピック冬季競技大会(2010/バンクーバー)日本代表選手団の結団式・壮行会を開催。日本代表選手団のほか、来賓、JOC関係者、選手団家族、スポンサー、報道関係者など、約1,000名が出席し、チームジャパンとしての思いを集結した。

結団式は、秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと、来賓として川端達夫文部科学大臣、ジョナサン・T・フリード駐日カナダ大使、岡崎助一(財)日本体育協会専務理事等を招き、1964年の「オリンピック東京大会ファンファーレ」の高らかな演奏で始まった。テノール歌手の秋川雅史さんが国歌を斉唱。主催者を代表して竹田恆和JOC会長から、日本代表選手団に選ばれた選手へのお祝いの言葉の後、「自ら積み重ねてきたものすべてを信じ、国民の大きな期待に応えられるよう万全を期してください。また礼儀と規律を遵守し、各国・地域選手団との友好関係を深め国際親善に尽くしてください」と挨拶があった。

その後、日本代表選手団の紹介に続き、秩父宮殿下よりご下賜の団旗を授与。竹田会長から橋本聖子日本代表選手団団長へと手渡された団旗は、岡部孝信主将介添えのもと岡崎朋美旗手へと授与された。橋本団長は、「世界のトップアスリートが集結するバンクーバーでは、大変厳しい戦いが予想されますが、選手諸君は臆することなく、自分を信じ、集中して競技に臨むこと。オリンピックのプレッシャーは、私も十分認識している。これは全ての選手に共通のこと。是非、このプレッシャーをプラス要素につなげてほしい。このような経済状況ではあるが、我々は、オリンピックを通してスポーツの素晴らしさを国民の皆様に伝えるとともに、日本代表選手の活躍により、活力ある日本を全世界にアピールできるよう邁進して参ります」と挨拶。岡部主将から「私たちはバンクーバー冬季オリンピックの名誉ある日本代表選手団に選ばれたことを誇りとし、行動規範を遵守し、チームジャパン一丸となって大会に臨みます。またオリンピックを通して国民の皆様に明るい話題を提供できるよう、全力で競技に挑むことを誓います」と決意表明が行われた。

引き続き行なわれた壮行会では、来賓から選手への激励の言葉が贈られた。鳩山由紀夫首相が「日本のすべての国民はあなた達を見つめています。ぜひ平常心のなかで素晴らしい活躍をすることを期待しています」と挨拶。石原慎太郎東京都知事/東京オリンピック・パラリンピック招致委員会会長は、「行ったからには勝ってくれ!みんなの活躍が、将来の日本へのオリンピック招致の力となる」と激励した。

また読売巨人軍の原辰徳監督、トリノオリンピック女子フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さんからの、チームジャパンに向けた激励ビデオメッセージが流された。また、サプライズゲストとしてCHEMISTRYがライブを行い、日本代表選手への応援の思いを乗せて、新曲「Period」を熱唱後、岡部主将と岡崎旗手に激励の色紙とCDを贈呈した。

壮行会終了後には、代表選手団として初の記者会見が行なわれた。橋本聖子団長、笠谷幸生副団長、鈴木惠一総監督からそれぞれバンクーバーへの意気込みが述べられ、ともに歴代最年長となる岡部孝信主将、岡崎朋美旗手からは結団式終了後の心境が語られた。岡部主将は「ここ数日、決意表明のことが頭を離れなかった。役目を果たせてホッとしている。若い選手には自分の行動を見て、何かを感じてくれたら・・・」、岡崎旗手は「若手選手からの質問には間違いのないよう答えたい。岡部主将とともに日本のメダル獲得をしっかりサポートしていきたい」と語った。

結団式で、岡崎旗手へと団旗が授与された

壮行会で、竹田JOC会長がお祝いの言葉を述べた

2010年のニュース一覧へ戻る