/ JOC / JOC ニュース / 2009 / 【国際競技大会】第24回ユニバーシアード冬季競技大会(2009/ハルピン)日本代表選手団公式服装及びオフィシャルスポーツウエアを発表!
 
2009/02/05
【国際競技大会】第24回ユニバーシアード冬季競技大会(2009/ハルピン)日本代表選手団公式服装及びオフィシャルスポーツウエアを発表!

日本オリンピック委員会(JOC)は、2月18〜28日に11日間にわたって、中華人民共和国のハルピンを中心に開催される第24回ユニバーシアード冬季競技大会において、日本代表選手団187名が着用する公式服装及びオフィシャルスポーツウエアを発表した。

この公式服装及びオフィシャルスポーツウエアは、ミズノ株式会社、株式会社アシックス、株式会社デサントの協力によりご提供いただくもの。5競技82種目が実施される同大会には、各国・地域の大学生が参加し、来年、カナダのバンクーバーで開催される第21回オリンピック冬季競技大会を見据えたハイレベルな戦いとなることが予想されている。日本代表選手団はこの公式服装及びオフィシャルスポーツウエアを着用し、表彰台に上がれるよう全力を尽くす。

なお、各社のご提供アイテムは下記の通り。

<日本代表選手団公式服装及びオフィシャルスポーツウエア>
○ミズノ株式会社 http://www.mizuno.co.jp
【提供アイテム】
・ウォームアップシャツ・パンツ
アスリートシルエット設計となっており、シャツは腕の動きをスムーズにする立体裁断設計。パンツは足の上げ下げ時に縫い目が当たりにくい。素材に、耐久性に優れた繊維「クリスタブレーバー」を使用。裏地はソフトな肌触りで、ポイントタッチで吸汗速乾性に優れている。デザインは、「日の丸の赤」と「チーム全体の“和”まとまりをイメージした青」のアウターと統一。
・手袋
表面に耐久性が高く柔軟性もある牛革、裏地に吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用し、優れた保温性を発揮。
・ソックス
土踏まずを包み込むように支える「アーチハンモック」機能を持たせ、長時間の運動でも足の負担を和らげる。素材には吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用し、優れた保温性を発揮。

○株式会社アシックス http://www.asics.co.jp/
【提供アイテム】
・防寒服
ジャケットはアイスグレーを基調カラーに、胸部から袖にかけてレッドとブルーの曲線を大きく配して選手の躍動感を表現しており、パンツはブルーを基調カラーに。優れた着用感をもたらすよう、適度なストレッチ性と反発感のある風合いを持つ素材を採用。中わたには静電気の発生を抑える導電糸を混用したほか、寒さを感じやすい背中と臀部には、吸湿性が高く、湿気を吸収することで発熱する素材「エクスライブ」を採用。なお、耐水圧は、10000mm(JISL-1092準拠)。
・ハイネックシャツ
基調カラーはブラック。寒さが厳しい条件下でのインナー用途での着用を考慮し、吸汗・速乾性に加え肌面を起毛することで保温性を高めた素材「ルミエースウオームキャッチ」を採用。
・Tシャツ
ホワイトを基調カラーに、腕の付け根部分にブルーライン状の切り替えをはしたデザイン。ウエア内の湿気による冷えやべとつき感を軽減する吸汗・速乾性を高めた素材「サイバードライリバーシブル」を採用。
・シューズ
ブラックを基調に、ホワイトのアシックスストライプを入れたシンプルなデザインで、かかと部にはJAPANの文字を配置。雪面での着用を考慮し、靴底は低温でも硬化しにくく粘性の高い素材「スノーコンパウンドラバー」を採用して独立したブロック状の意匠により高いグリップ力を保持。また、寒さ対策として、シューズの前方部分の内部に保温性の高い起毛素材を使用し、アッパー裏材には撥水フィルムを挟んで耐水性を高めている。

○株式会社デサント http://www.descente.co.jp/
【提供アイテム】
・セーター
素材には、極寒の地ハルピンでの着用を考慮。撥水性に優れた特殊なニット素材の表地と肌あたりの良い起毛素材の裏地で透湿膜を挟んだ三層のサンドイッチ構造が特徴の高機能素材『ジェットバリア』を採用。ストレッチ製に優れたニットの特性は活かしつつ、防水・耐久撥水・保温機能、さらに透湿性も兼ね備え、暖かく、かつムレ感なく着用できる。さらに、体の動きを妨げない独自のカッティング(立体裁断)で縫製し、トレーニング時に必要な衣服ない温度調節用の脇下ベンチレーション(ファスナー開閉式)も搭載し、より快適な着心地を実現。
・防寒キャップ
屋内外いずれの着用にも対応できるよう、保温性と吸汗速乾性を併せ持った素材を使用。さらに、寒い時にすぐ使える折りたたみ式イヤーウォーマーを搭載。帽子サイズを細かく調整できる皮ベルトを採用し、快適な着用を可能にした。
・リュックサック、ボストンバッグ
ともに軽量で、さらに出し入れが簡易な大き目の収納ポケットを採用。持ち主が識別しやすいようリュックサックにはネームホルダーを付け、ボストンバッグには右側面にプリントで選手の個人ナンバーを入れた。

○関連リンク
第24回ユニバーシアード冬季競技大会(2009/ハルピン) 大会情報     https://www.joc.or.jp/int_games/winter_univ/2009/

ミズノ株式会社提供ウエア(左)と株式会社アシックス提供ウエア(右)

株式会社デサント提供ウエア

2009年のニュース一覧へ戻る