/ JOC / JOC ニュース / 2009 / 【お知らせ】JOCゴールドパートナー6社、JOCオフィシャルパートナー12社とスポンサー契約を合意
 
2009/04/17
【お知らせ】JOCゴールドパートナー6社、JOCオフィシャルパートナー12社とスポンサー契約を合意

日本オリンピック委員会(JOC)は、2009年から新しくスタートした「JOCパートナーシッププログラム」において、オリンピックファミリーへの基盤となる従来どおりの「JOCオフィシャルパートナー」の権利に加え、更にオリンピック・ムーブメントを追求する日本スポーツ界最高位のスポンサーという位置づけの「JOCゴールドパートナー」を新設。このたび、6社とJOCゴールドパートナーの契約を合意いたしました。

■JOCゴールドパートナー  ※< >は契約カテゴリー  ※4月17日現在
アサヒビール株式会社 <ビール、ビールテイスト飲料、ワイン及びチューハイ等の低アルコール飲料>
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ <移動体通信サービス(無線通信サービス)>
東京海上ホールディングス株式会社 <保険>
トヨタ自動車株式会社 <自動車(二輪、軽自動車、大型バス等を除く)>
日本生命保険相互会社 <保険>
ヤフー株式会社 <インターネット検索サイト(無線通信利用を除く)>

【JOCゴールドパートナーシッププログラム概要】
JOCゴールドパートナーは、JOCパートナーシッププログラムにおける日本スポーツ界最高位のパートナーとして位置づけられ、JOCおよびJOCが派遣する国際総合競技大会日本代表選手団に対して、専門的なノウハウや資金のご提供を頂き、JOCと共に日本代表選手団のサポートならびに日本のオリンピック・ムーブメントの推進をして頂く企業です。

1.期間
 契約締結日〜2012年12月31日まで
 ※ただし、東京都が2016年に開催される第31回オリンピック競技大会の開催地として選出された場合は、
 2010年12月31日で契約終了となります。
2.主な権利
 契約したカテゴリーの商品又はサービスに関して、以下のような権利を活用した広告宣伝・プロモーション活動ができます。
 A:JOC・日本代表選手団に関する権利
  @公式呼称の使用権(「JOCゴールドパートナー」等)
  AJOCマークの使用権(JOC第2エンブレム等)
  Bオリンピック関連素材の使用権(映像、入場券等) 等
 B:選手肖像に関する権利
  @JOCシンボルアスリートの肖像使用権
  AJOCシンボルアスリートの無料出演権 等
 C:JOCパートナータイアップに関する権利
  @JOCイベントとのタイアップ
  AJOC加盟競技団体とのタイアップ 等
 D:JOCパートナーリコグニションに関する権利
  @JOCジャパンハウスでの選手団記者会見におけるロゴ露出
  AJOCホームページのトップページでのロゴ露出 等
 E:JOCホスピタリティパッケージに関する権利
  @オリンピック競技大会の入場券提供
  Aオリンピック日本代表壮行会でのPRブース提供 等
 F:JOCパートナーサービスに関する権利
  @JOCパートナー専用ホームページへのアクセス権
 G:JOC共同事業開発プログラムに関する権利
  ※JOCゴールドパートナーは、6業種(6社〜8社)という限定をしております。
  今回、4業種6社様と合意に至りました。

なお、JOCオフィシャルパートナーとしては、次の12社との契約を合意いたしました。

■JOCオフィシャルパートナー  ※4月17日現在
ミズノ株式会社 <スポーツ用品>
株式会社デサント <スポーツ用品>
株式会社アシックス <スポーツ用品>
株式会社コナミスポーツ&ライフ <スポーツクラブ及びその運営>
株式会社クボタ <農業機械、農業関連商品、建設機械>
EH株式会社 <和装着物、宝飾品、寝装具品>
丸大食品株式会社 <食肉加工品>
株式会社日本航空 <航空旅客輸送サービス>
全日本空輸株式会社 <航空旅客輸送サービス>
株式会社ロッテ <菓子・冷菓>
日清オイリオグループ株式会社 <食用油脂関連商品>
TBCグループ株式会社 <エステティックサロンサービス>


2009年のニュース一覧へ戻る