/ JOC / JOC ニュース / 2009 / 【お知らせ】平成21年度有望選手研修会を実施
 
2009/11/26
【お知らせ】平成21年度有望選手研修会を実施

日本オリンピック委員会(JOC)は、11月21日〜23日の3日間、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで、「平成21年度オリンピック有望選手研修会」を実施した。今年度のテーマは「心・技・体」。次代を担うオリンピック有望選手、指導者、JOCが支援している地域タレント発掘・育成事業で選抜された選手、また競技団体の強化担当者等、110名以上が参加。将来の日本代表選手としての心構えや、トレーニング、オリンピアンを交えたグループワークなど様々なプログラムを体験した。

オープニングメッセージで挨拶した塚原光男JOC理事・選手強化副本部長は、「トップアスリートになるためには、常に向上心と探究心、それを支える情熱が必要」とエールを送った。

1日目は、JOCキャリアアカデミーディレクターの八田茂氏のコーディネートによる「チームビルディング」、国立スポーツ科学センターの亀井明子研究員による「栄養管理プログラム」、東海大学教授の高妻容一先生による「代表選手の心構え〜メンタルトレーニング」等が行われた。

チームビルディングでは、名前も分からない選手・指導者が組むことで、競技の枠を超えたチームワーク作りを体験。強力なリーダーシップを発揮する選手が現れたり、真剣に作戦会議をするチームが結成されるなど、熱気あふれる授業となった。

「栄養管理プログラム」では、亀井研究員が、アスリートにとっての食事が重要である3つのポイントを、「トレーニングによる体作り」「競技での最大限のパフォーマンスの発揮」「障害の予防及び改善」と説明。夕食では、考えながらメニューを選ぶ選手の姿が見られた。「代表選手の心構え〜メンタルトレーニング」の講義では、呼吸法や身体を使った集中力の高め方など、高妻先生が開発したメンタルトレーニングの手法を学んで一日を終えた。

2日目は、バレーボールの北原勉専任コーチングディレクターによる早朝トレーニング、鹿屋体育大学教授の田中孝夫先生による「日本代表選手の心構え」、東海大学の有賀誠司教授による「身体能力の基礎と向上」、身体能力や競技特性をチェックする「コントロールテスト」、味トレの施設見学など、午前6時半〜午後9時すぎまで、集中した内容となった。

早朝トレーニングでは、頭と体を連携させるコーディネーション能力トレーニング等を実施。選手たちは普段、無意識に体を動かしていることが多いため、考えながら動くことが思いのほか難しいことに驚いていた。「日本代表選手の心構え」では、アテネオリンピック金メダリストの柴田亜衣選手らを育てた田中先生の話に、選手たちは真剣。「身体能力の基礎と向上」では、器具を使用したトレーニングや各種ストレッチ等、今後のトレーニングの参考となるプログラムを体験した。同センターの見学では、柔道やハンドボールなど合宿中のトップ選手を目の当たりにすることで、刺激を受けていた。

3日目は、バドミントンの今井紀夫専任コーチングディレクターによる早朝トレーニング、パネルディスカッション「オリンピアンの生みの親〜トップアスリートの親の思いを知る」、そしてオリンピアンを交えてのグループワークと楽しみな内容が凝縮。

早朝トレーニングでは、通常のシニアの合宿で行うトレーニングを半分くらいの量だったものの、選手たちは「オリンピック選手になるはこんなにハードなトレーニングをしなければならないんだ」と驚き、気を引き締めている様子だった。「オリンピアンの生みの親〜トップアスリートの親の思いを知る」には、北京オリンピックのフェンシング銀メダリスト太田雄貴選手の父親である太田義昭氏と、体操の笠松茂・昭宏親子が登場。太田選手を育てた義昭のモットーや、ミュンヘンオリンピック体操男子団体総合金メダリストの父・昭宏氏とシドニーオリンピック体操男子団体総合4位の昭宏氏による、親子でオリンピアンとなるまでの道のりなど、興味深い話が披露された。

オリンピアンとのグループワークでは、荒木田裕子理事、黒岩敏幸氏が中心となり、柔道の谷本歩実選手、内柴正人選手、競泳の柴田亜衣氏、中村礼子氏ら13名のオリンピアンが参加。選手10名程度の輪にオリンピアン2人が加わる形式で、オリンピアンが体験を語ったり、選手の質問に答えたりした。

研修の最後に、福井烈JOC理事が、「具体的に目標をもってひとつひとつクリアしていくことで、遠くの目標に到達できる。研修で学んだことを今後の競技生活に活かし、広い視野を持って世界に向かってほしい。くじけそうなときは、この研修会で会った仲間も同じように頑張っていて、ご両親はじめ多くの人がサポートしてくださっていることを忘れずに今後も頑張ってほしい」と締めくくった。

○関連リンク
オリンピアンとのグループワークの様子はこちら     http://olympic.joc.or.jp/teamjapan/2009/12/post-3e05.html

メンタルトレーニングのセミナーは先生も選手も真剣

チームビルディングの授業では、選手や指導者らが一体となった

2009年のニュース一覧へ戻る