/ JOC / JOC ニュース / 2004 / 6月23日は世界共通のオリンピックデー
 
2004/06/23
6月23日は世界共通のオリンピックデー

1894年6月23日、フランスのパリ大学ソルボンヌ講堂で、クーベルタン男爵の
呼びかけにより、近代オリンピックの復興と、主催者となる国際オリンピック
委員会(IOC)の創設が決まりました。

この6月23日を、IOCは「オリンピックデー」と定め、「スポーツを通じて相互
理解と友好の精神を養い、平和でより良い世界の建設に貢献すること」という
オリンピックの基本精神、オリンピック・ムーブメントの普及と啓発のため、
各種競技会、記念式典などの開催を各国のオリンピック委員会(NOC)に呼びか
けおり、世界各地で様々なイベントが催されています。

現在、スポーツの楽しさとオリンピックの基本精神を理解することを目的として
いる「オリンピックデーラン」は、世界各地で行われていますが、クロスカント
リースキー版として日本で生まれた「オリンピックスノーラン」は、今年も2会場
で開催します。
その他コンサートやフォーラムなど、年間を通して各種イベントを行っています。

○関連リンク
※JOCイベントの詳細はこちらをご覧下さい     https://www.joc.or.jp/event/index.html

近代オリンピック生みの親であるクーベルタン男爵

2004年のニュース一覧へ戻る