/ JOC / JOC ニュース / 2004 / 「寝ないで応援! がんばれ!ニッポン!」8月24日 開催!
 
2004/08/25
「寝ないで応援! がんばれ!ニッポン!」8月24日 開催!

後半戦を迎え、一段と盛り上りを見せているアテネオリンピック。東京ドームシティにお
いて開催中の「JOCがんばれ!ニッポン!パークin 東京ドームシティ」において23日から
始まったステージプログラム「寝ないで応援!がんばれ!ニッポン!」が熱気に包まれ盛
り上がっている。

8/24(火)は、19:00〜19:40 ソウルオリンピックシンクロナイズドスイミングデュエット
銅メダリスト田中ウルヴェ京氏をゲストに迎え、多数の来場者が集まり盛り上がりました。

田中氏は、ソウルオリンピック時に小谷実可子氏とペアを組んだ当時の演技を見ながら、
「この当時の自分たちの演技と今の現役選手との一番の違いはスピードですね。」と語り、
シンクロナイズドスイミングの採点基準や他の競技にはない楽しさや、つらさを話していた
だきました。

また、明日決勝を迎える立花・武田デュエットチームに対しては「今回のオリンピックが
二人にとって最後の大会だと思うので、悔いのないよう全力で頑張ってほしい。」と熱く
エールを送っていました。

最後にこれまでのアテネオリンピックの競技の中で最も印象に残っているのは、という質問
に対して、田中氏は「女子レスリングの浜口選手が準決勝での敗北を真摯に受け止め、それ
を乗り越えて銅メダルになったことには感動しました。予想もしない逆境に対してどのよう
に立ち向かい、乗り越えるのかという視点から競技をみていると、オリンピックとは選手が
まさに人間として成長する場所ではないでしょうか。」とオリンピアンにふさわしい説得力
のあるコメントでステージを締めくくっていただきました。

○関連リンク
会員組織チームがんばれ!ニッポン!ホームページ     https://www.joc.or.jp/support/index.html
東京ドームシティホームページ     http://www.tokyo-dome.co.jp/

自らの演技について語る田中氏(左側)

立花・武田ペアに熱くエールを送る田中氏

2004年のニュース一覧へ戻る