/ JOC / JOC ニュース / 2002 / シドニーオリンピック・ソフトボールチームに「国際フェアプレー奨励賞」
 
2002/01/01
シドニーオリンピック・ソフトボールチームに「国際フェアプレー奨励賞」

 国際フェアプレー委員会は、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の協力によ
り、各国・地域オリンピック委員会、各国フェアプレー委員会、メディアなどから
の推薦に基づき、スポーツ選手やフェアプレー精神の普及に貢献した人物に対して
プロ、アマチュアの区別なく「ユネスコ国際フェアプレー賞」を毎年贈呈してお
り、今年はシドニーオリンピック・ソフトボール日本代表チームが、フェアプレー
賞の中でも人々にもっともフェアプレーを印象つけたとされる「国際フェアプレー
賞広報部門 奨励賞」に選ばれた。

 授賞理由は、シドニーオリンピック決勝で世界最強のアメリカと接線、あと一歩
のところで勝利を逃し銀メダルとなった試合後に敗因となったと思われる選手への
記者達の容赦ない質問をさえぎった宇津木選手が「私たちはチームとして戦った。
チームというものは誰か一人の力で負けるとか、勝ったりするものではない。試合
に出場しているもの、ベンチにいるもの全員で戦っている」と答え、改めて「チー
ム」として戦うスポーツの素晴らしさを認識させてことによる。


2002年のニュース一覧へ戻る