/ JOC / JOC ニュース / 2002 / 日本代表選手団は史上最大規模の218名
 
2002/01/17
日本代表選手団は史上最大規模の218名

 日本オリンピック委員会(JOC)は1月11日の理事会で、2月8日に開幕するソルト
レークシティー・オリンピックの日本代表選手団として、選手109人(男子61、女子
48)、役員109人の計218人を編成した。地元開催だった前回長野大会の313人に次
ぐ陣容で、海外の冬季大会では94年リレハンメル大会の110人を大幅に上回る史上最
大規模となる。
 
 あわせて、選手団の主将にスキージャンプの原田雅彦選手、旗手にスピードスケ
ートの三宮恵利子選手を起用することも決定。選手団は2月2日に都内のホテルで結
団式と壮行会を行い、ソルトレークシティーに向けて出発する。


2002年のニュース一覧へ戻る