| 1997 | 1998 | 1999 | 2000 | 2002 |
HOME > JOCニュース > 2001

第1回アジア女性スポーツ会議


 女性とスポーツのかかわりについて理解を深め、スポーツのあらゆる段階への女性の参加を促進することを目的にした「第1回アジア女性スポーツ会議」が6月9日・10日、大阪市で開かれる。

 女性が初めてオリンピックに参加してから100年の節目となるシドニー・オリンピック、さらにパラリンピックでは、女性選手の活躍が目立った。だが、その一方でコーチ、審判、組織管理者などのリーダー的立場に立つ女性の数はまだまだ少ないのが現状。

 1994年には第1回世界女性スポーツ会議が行われ、以来、欧米の女性スポーツ界のリーダーを中心に各地で会議が開かれ、女性とスポーツにかかわる環境整備が進められている。だが、アジア地域では社会的、宗教的な背景が他の地域とは異なることもあり、男女平等の考え方が進展していない。

 第1回アジア女性スポーツ会議は、スポーツ界のリーダー的立場の女性に向けた「アジア女性スポーツカンファレンス」(6月9日)と、より多くの女性のスポーツ参加を促進することを目指した「女性スポーツフォーラム2001」(6月10日)の2部構成で行われる。「アジア女性スポーツカンファレンス」では、IWG(国際女性スポーツワーキンググループ)共同議長で、スポーツ・カナダ、スポーツ政策ディレクターのスー・ニール博士が、1994年以来の女性とスポーツに関する国際的ムーブメントの概略について基調講演するほか、アジア40カ国へのアンケート調査による「女性とスポーツ」の現状報告も行われる。翌日の「女性スポーツフォーラム2001」では、 シドニー・オリンピック柔道52s級銀メダリスト楢崎教子さんとスポーツジャーナリストの増島みどりさんが「女性とスポーツ」 をテーマに語るスペシャルセッションのほか、テコンドーの岡本依子さん、競泳の鈴木大地さんといったオリンピック選手
のほか、サッカーの長谷川健太さん、健康科学アドバイザーの福田千晶さん、テレビ朝日スポーツキャスターの宮嶋泰子さんによるパネルディスカッションが行わ れる。

期日/6月9日(土)・10日(日)/大阪国際交流センター
参加費/一般2000円・学生1000円(当日券は各500円増)
定員/アジア女性スポーツカンファレンス 400名、女性スポーツフォーラム2001 1000名

【問】
第1回アジア女性スポーツ会議事務局
TEL03-5446-8983/FAX03-5446-8942
電子メールacws@jws.or.jp
公式サイトhttp://www.jws.or.jp/aj/index.html