| 1997 | 1998 | 2000 | 2001 | 2002 |
 HOME > JOCニュース > 1999

平成10年度JOCスポーツ賞等の授与式が行われる

 オリンピックデーの6月23日、この日を記念してNHKホール(東京・渋 谷)ではオリンピック・コンサートが開かれ、併せて平成10年度のJOCスポーツ賞「年度賞」の授与式が行われた。

 同賞は当該年度に優れた成績を挙げた個人または団体に贈られるもので、最優秀賞には99年ノルディックスキー世界選手権ノーマルヒルジャンプで表彰台を独占した船木和喜、宮平秀治、原田雅彦が、優秀賞には99年世界種目別スピードスケート選手権男子500m第1位、1000m第2位の清水宏保が選ばれた。

 スポーツ賞はこれまでオリンピックや世界選手権などで活躍した選手らに与えられたが、今回は田臥勇太を擁して史上初の3年連続3冠(インターハイ、国体、ウインターカップ)を達成した能代工高(秋田)も特別功労賞に選出した。このほか、国際オリンピック委員会から、オリンピックの目的のために大きな役割を果たしたとして加藤大豊氏(JOC名誉委員)がオリンピックオーダーを、スポーツと教育の奨励・推進に貢献したとして浅見俊雄氏(JOC選手強化本部、東京大学名誉教授)がIOCトロフィーを贈られた。

-JOCスポーツ賞受賞者-

  • 最優秀賞
     船木和喜・宮平秀治・原田雅彦
     99世界選手権ノーマルヒルジャンプ1〜3位

  • 優秀賞
     清水宏保
     99年世界種目別スピードスケート選手権
     男子500m第1位、1000m第2位

  • 特別功労賞
     伊東浩司
     バンコクアジア大会陸上競技
     男子100、200、4×100mリレー第1位。MVP
     能代工業高校男子バスケットボール部
     3年連続3冠(インターハイ、国体、ウインターカップ)獲得
     浜口京子
     98年女子レスリング世界選手権大会75kg級第1位
     田宮啓司
     98年世界相撲選手権大会無差別級第1位
     迫 祐美
     98年世界空手道選手権大会女子組手53kg級第1位

  • 新人賞
     棟田康幸
     98年世界ジュニア柔道選手権大会男子100kg超級第2位、
     99年嘉納治五郎国際柔道大会男子100kg超級第1位