| 1997 | 1998 | 2000 | 2001 | 2002 |
 HOME > JOCニュース > 1999

故・嘉納治五郎氏が国際柔道連盟の殿堂入り第一号

 国際柔道連盟(IJF)は、柔道界に貢献した選手や関係者をたたえるために今年から殿堂を作り、故・嘉納治五郎講道館師範を殿堂入り第一号とすることを決めた。嘉納氏は1882年に講道館を設立。1909年にはアジアから初のIOC委員に選ばれ、1911年には大日本体育協会(現・日本体育協会)を創設して会長に就任。同時にJOC初代委員長も務めた。

 今後は各国・地域連盟、各大陸連盟から推薦を受けた人物を同委員会が審議し、80%以上の委員の賛成で承認する。殿堂の恒久的な所在地は未定だが、現在、フランスが立候補している。