| 1997 | 1999 | 2000 | 2001 | 2002 |
 HOME > JOCニュース > 1998

笠原一也事務局長・理事が退任。岡崎助一氏が初の専任理事に

  日本オリンピック委員会(JOC)は3月26日に開催した理事会で、笠原一也事務局長・理事が3月31日付けで退任することと、前文部省体育局競技スポーツ課長の岡崎助一氏を専任理事として迎えることを承認した。岡崎氏は特命事項を担当する。

 JOCはまた、4月15日に事務局の改編を行い、従来の改編を行い、従来のオリンピックムーブメント部を国際部、事業部・広報部に二分することを決めた。

 これにより事務局は、総務部(部長・川杉収二)、国際部(部長・大山哲夫)、事業・広報部(部長・木下孝二)、強化事業部(部長・高橋勝馬)、キャンペーン部(マーケティング部長・前田実 部長・木下孝二)の5部体制となり、これに伴う人事移動も行った。

 なお、事務局長は当分の間、八木祐四郎専務理事が事務取り扱いをし、事務局次長には川杉収二総務部長が昇格した。川杉次長は総務部部長を兼ねる。