| 1997 | 1999 | 2000 | 2001 | 2002 |
 HOME > JOCニュース > 1998

2006年の冬季オリンピックにオーストリアも共同開催案

 昨年12月2日、オーストリア・オリンピック委員会は、2006年冬季オリンピックの開催都市にグラーゲンフルトが立候補することを決めた。

 グラーゲンフルトは 隣国のイタリア、スロベニアとの共同開催案を挙げている。3ヵ国で費用を分担し、施設なども既存のものを利用して極力、経費を抑え、無駄を省くという。

 2006年の冬季オリンピックには、ヘルシンキ(フィンランド)とリレハンメル(ノルウェー)が2ヵ国共同開催の意向を表明し、サマランチ国際オリンピック委員会会長もこれを認める発言をしている。

 このような動きから、共同開催案は21世紀のオリンピックの形として今後、注目を集めそうだ。

 なお、同大会招致に名乗りを上げていたエステルスンド(スウェーデン)が立候補を取り下げることが11月20日、明らかになった。