他の年のニュースソースはこちらから。
HOME > シドニー大会情報 > ニュース > 1998

SOCOG会長が緊急“抗議弁明”記者会見


 3月4日、オーストラリア国営テレビABCの朝のニュース番組が「予算が足りず、オリンピックは4億豪ドル(約352億円)の赤字となる」と報道したが、このことに憤慨したSOCOG会長のサンディ・ホルウェイ氏は「事実無根」と、この報道を否定。同日の午後に緊急記者会見を開き、予算は黒字のままであることを強調した。

 「ニュースでは、われわれが予算の組み直しをしていることは触れていない。われわれの予算見直しの話はすでに公表済みで、組み直しにより、我々の運営プランはより明瞭になってきている。支出の概要を常に検討するということも、アジアの経済問題が持ち上がる中、収入の考慮をし直すことも、分別のある行動だ。現在プレッシャーがあることは事実だが、われわれは最も重要なことに絞って予算を費やすなど、予算内に収めるよう努力を重ねている」
とホルウェイ氏。

 予算については観光収入など、予想しにくい部分も多いだけに、はっきりとした是非は問えないが、当初の計算通りにはいかず、運営が多少難航していることだけは確かなようだ。