/ 選手強化 / 味の素ナショナルトレーニングセンター / ナショナルトレーニングセンター委員会福田富昭委員長に聞く
 

ナショナルトレーニングセンター委員会福田富昭委員長に聞く

日本のスポーツ界における味の素トレセンの意義と果たす役割

味の素トレセン設立を契機に、
スポーツの持つ「チカラ」にもっと力を

味の素トレセンの設立によって、日本のスポーツ振興にも弾みがつくものと思われます。味の素トレセンによって日本のスポーツ界の状況はどう変わるのか、あるいはどう変えていくべきかをお聞かせください。

現状では、各競技団体が味の素トレセンを利用する場合、経費の3分の1を負担する必要があります。財政が厳しい競技団体によっては、せっかくできた味の素トレセンを使いたくても使えないことがあるかもしれません。日本のスポーツ界が抱える最大の課題は、国の予算をもっと獲得することです。

目下、スポーツ関連の予算は190億円弱。そのうちJOC関連は22億円です。一方、同じ文部科学省の管轄である芸術関連の予算は1,000億円を超えています。この差はやはり大き過ぎるといわざるをえません。

主要新聞では毎日、2面以上を割いてスポーツに関する報道がなされています。それだけを取り上げても、スポーツは国民生活に溶け込み、大きな地位を占めているといえるでしょう。スポーツには、国民に喜びや夢、厳しさ、成功と失敗の価値といったさまざまなものを共有させる「チカラ」があり、青少年にもお年寄りにも元気と勇気を与えています。

ですから、国はスポーツに対してもっと力を入れてほしい、予算をつけてほしいと、声を大にして訴えていかなければなりません。

スポーツ界の将来に向けて、予算の獲得以外に取り組まなければならない課題はありますか?

ふたつあります。ひとつは、スポーツの地位向上のために「スポーツ省」をつくること。もうひとつはスポーツ振興法を改正することです。殊に後者は1961年につくられたもので、もはや時代に合わず、弊害となっている部分が多々あります。味の素トレセンに対してJOCは使用料や食費・宿泊料を払わなければならないというのも、弊害のひとつです。

また、オリンピックを含めて大きな国際大会の開催に当たって、政府保証が認められていないのも、非常に大きな問題です。世界のスポーツ界では、政府保証は国際大会を誘致する際の決め手のひとつになっています。現にラグビーと水泳は政府保証が得られないがために、国際大会の誘致に失敗しました。このままでは2016年東京オリンピックの招致にも悪影響を与えかねず、早急な法改正が必要です。

このように味の素トレセンの設立によって、現行制度の不備や不足も明らかになってきました。選手の強化に取り組む一方で、制度との戦いを今後は強力に進めなければ、国際競技力の向上は望めません。

素晴らしいパフォーマンスに期待してほしい

味の素トレセン設立を契機に取り組まなければならない課題も多いというお話ですが、北京オリンピックを間近に控え、選手や監督、コーチたちは、どのような姿勢で味の素トレセンを活用すべきとお考えでしょうか?

法律や制度の改正はJOCが取り組む課題です。選手や強化関係者は、とにかく北京オリンピックに向けて全力投球することです。アテネオリンピックの好成績が味の素トレセンの建設を促進したように、好成績を収めることで国を動かすことができることを忘れないでいただきたいと思います。

味の素トレセンは、選手や競技団体がプレッシャーに感じるのではと、逆に心配になるくらい充実した施設です。JOCが365日24時間体制で運営するので、トレーニングに集中できる環境を提供でき、選手本位の使いやすい施設ともいえるでしょう。

また、トップ選手の強化だけでなく、それに続く選手、さらにはジュニアやもっと下の世代のトレーニング、育成もできます。JOCスポーツアカデミー事業をはじめ、競技力の向上につながるさまざまな事業も行い、選手の皆さんを支援します。ですから、スポーツ界が団結し、味の素トレセンを活用してぜひ結果を出してほしいと思います。

そして国民の皆様には、この味の素トレセンの機能を十分に活用して、オリンピックや国際大会で素晴らしいパフォーマンスをお見せすることをお約束します。ご期待ください。

(OLYMPIAN 2007年度 vol.4より転載)


福田富昭  ナショナルトレーニングセンター委員会委員長

ふくだ・とみあき◎1941年12月生まれ。JOC副会長。(財)日本レスリング協会会長、国際レスリング連盟副会長、第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)日本代表選手団総監督、第4回東アジア競技大会(2005/マカオ)日本代表選手団団長、第29回オリンピック競技大会(2008/北京)日本代表選手団団長他、会社役員。

4/4 < はじめのページへ

早速、合宿を行った男子ハンドボール代表チーム。
写真提供:フォート・キシモト