味の素ナショナルトレーニングセンター JOCスポーツアカデミー事業

JOCキャリアアカデミー事業

設立背景

企業の人材ニーズの高度化と厳しい経済状況の中、トップ選手といえども、引退後の就職や職場への復帰などが容易でなくなってきている。実業団に所属する選手も、正社員から契約社員へと変更し、引退後は所属企業に就職しない選手も増えてきた。

JOCキャリアアカデミー事業では、トップ選手が、引退後について不安なく競技に集中でき、さらなる競技力向上が図れるよう、現役時代からキャリアプラン設計を支援する。さらに、トップアスリートが持つキャリアや能力といった人的資源を、広く社会に還元できるような方法も考え、実現していく。

目標
  • トップアスリートとコーチが安心して競技に取り組めるよう、将来設計を踏まえたキャリアプランをさまざまな方法でサポートする。
  • トップアスリートとコーチの人的資源の社会還元を促進する。
概要
  • キャリア開発・トランジション等への心構えとそのための対応スキル習得の動機付けを図る。
  • 文部科学省との連携によるトップアスリートとコーチの職域拡大を推進する。
対象者トップアスリート、コーチ
開始時期2008年1月〜

活動内容

各種キャリア関連セミナーの実施(ナショナルチームからジュニアまで)

キャリアアカデミーガイダンス:競技団体別(各カテゴリーの代表チームなど)

なぜ現役時代から、引退後のキャリアを考えておいたほうがいいのか。競技活動を通じて、社会に通用するどんなライフスキルを身につけているかをカードでセルフチェック。ゲストオリンピアンらに、キャリアにまつわる体験談を聞く。合宿の際などに1時間ほど受講。

スキルアップセミナー:競技団体別(各カテゴリーの代表チームなど)

社会人として、トップアスリートとしての対人スキルなどを向上させるための研修。 「メディアトレーニング」「コミュニケーショントレーニング」など。

オリンピアン交流会:公開講座(任意参加)NTC内で隔月開催

テーマを決め、オリンピアンを中心としたゲストに公開セッションを実施。質疑応答などが闊達に行えるような規模で実施。「志水見千子“カフェ経営と地域密着”」「宇津木妙子“チームワークのつくり方”」「越和宏“支援企業の探し方」

キャリア塾:公開講座 隔月開催

アスリートの視野を広げ、さまざまな分野の勉強ができるように専門家招き、勉強会を実施。「勝負脳の鍛え方」の著者の林成之先生など。

個別のキャリア相談

スポーツとキャリアに詳しいカウンセラーが、引退後の就職、進学、留学について「やりたいことがわからない」「こんなことをしたいのが、どうすれば良いか」といった悩み等について個別相談に対応。また、希望者には適職検査等も実施している。

平成21年度の実績

セミナー受講者数

ジュニア向けセミナー:12競技 667名
キャリアアカデミーガイダンス:8競技 314名
ライフスキルアップセミナー:8競技 229名
オリンピアン交流会・キャリア塾:195名
その他文部科学省委託事業等:10競技 563名

カウンセリング

個別相談(カウンセリング):260名
適職検査受検:48名