HOMEニュース吉田主将「最高の五輪に」 リオへ日本選手団が結団式

ニュース

吉田主将「最高の五輪に」 リオへ日本選手団が結団式

カテゴリ:オリンピック
2016.07.03
吉田主将「最高の五輪に」 リオへ日本選手団が結団式
皇太子ご夫妻をお迎えして開かれたリオデジャネイロ五輪の結団式で、橋本聖子団長(左)から日の丸の団旗を受けとる右代啓祐旗手。右は吉田沙保里主将=3日午後、東京・代々木第二体育館(共同)

 8月5日開幕の第31回夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会に出場する日本選手団の結団式が3日、皇太子ご夫妻をお迎えして東京都内で行われ、女性初の夏季五輪主将でレスリング女子53キロ級4連覇を目指す吉田沙保里が「記録にも記憶にも残る最高の五輪となるよう、精魂を傾けて大会に臨むことを誓う」と決意表明した。
 式典には体操男子の内村航平ら選手、役員合わせて約300人が出席。旗手を務める陸上男子十種競技の右代啓祐が橋本聖子団長から団旗を受け取った。
 南米初開催の五輪で、日本オリンピック委員会(JOC)は前回ロンドン大会の倍となる金メダル14個を目標に掲げる。(共同)





ページトップへ