HOMEニュース石巻から東京五輪の聖火リレーを 市長、文科相に要望

ニュース

石巻から東京五輪の聖火リレーを 市長、文科相に要望

カテゴリ:オリンピック
2014.05.13

 宮城県石巻市の亀山紘市長は13日、文部科学省を訪れ、下村博文五輪担当相に2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの出発地を石巻市にするよう要望した。近く解体される現国立競技場の聖火台を、市沿岸部に建設予定の公園に移設することも求めた。
 下村氏は「自治体間の調整が必要だ」と指摘したが、東日本大震災の被災地で聖火リレーをすることには理解を示した。
 亀山市長は会談後、記者団に「震災では世界中から支援をいただいた。五輪では復興した姿を示すのが恩返しだ」と述べ、被災した他の自治体との連携などを進めると強調した。(共同)





ページトップへ