HOMEニュース女子100m、児玉が11秒35 陸上、日本学生対校選手権第2日

ニュース

女子100m、児玉が11秒35 陸上、日本学生対校選手権第2日

カテゴリ:その他競技情報
2020.09.12
女子100m、児玉が11秒35 陸上、日本学生対校選手権第2日
女子100メートル決勝 日本歴代3位の11秒35で優勝した児玉芽生(右)=デンカビッグスワンスタジアム(共同)

 陸上の日本学生対校選手権第2日は12日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子100メートルは児玉芽生(福岡大)が向かい風0・2メートルの条件下、日本歴代3位の11秒35で快勝した。400メートルリレーと2冠。男子100メートルは水久保漱至(城西大)が追い風1・8メートルで10秒14をマークして優勝。
 男子1万メートル競歩は東京五輪20キロ代表の池田向希(東洋大)が38分41秒45の大会新記録で2年ぶりに勝ち、50キロ代表の川野将虎(東洋大)は3位だった。女子円盤投げは郡菜々佳(九州共立大大学院)が50メートル75で2年ぶりに制した。(共同)





ページトップへ