HOME大会ユニバーシアード競技大会ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダユニバーシアード2015ニュース第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)日本代表選手団を承認

第27回ユニバーシアード競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)

ニュース

第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)日本代表選手団を承認

2015.01.15
第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)日本代表選手団を承認
ストラプスケプレソ、オスルブルエで主将を務めるスキー・クロスカントリーの宮沢大志選手(写真:アフロスポーツ)
第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)日本代表選手団を承認
ストラプスケプレソ、オスルブルエで旗手を務めるスキー・ノルディック複合の山元豪選手(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)は13日の理事会で、1月24日から2月1日までスロバキアのストラプスケプレソとオスルブルエ、2月4日から14日までスペインのグラナダで開催される第27回ユニバーシアード冬季競技大会の日本代表選手団を承認しました。全5競技に参加する日本代表選手団は、選手99名(男子53名、女子46名)、役員43名、アディショナルオフィシャル19名の合計161名で編成されました。

 古川年正団長率いる選手団は、今大会が二ヶ国での開催のため、各開催地ごとに主将と旗手が選出されました。スロバキアではスキー・クロスカントリーの宮沢大志選手が主将、スキー・ノルディック複合の山元豪選手が旗手を務め、スペインではスケート・フィギュアスケートの小塚崇彦選手が主将、アイスホッケーの大澤ちほ選手が旗手を務めます。

 主な選手では、2011年エルズルム、2013年トレンティーノと冬季ユニバーシアード2大会連続優勝を果たしているスキー・ノルディック複合の清水亜久里選手、2011年エルズルム大会金メダリストで、2010年バンクーバー、2014年ソチとオリンピック2大会に出場したスキー・スノーボードの青野令選手、2012年インスブルック冬季ユースオリンピックで銀メダルを獲得したスキー・クロスカントリーの石川謙太郎選手らが選ばれています。


第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)日本代表選手団を承認
グラナダで主将を務めるスケート・フィギュアスケートの小塚崇彦選手(写真:アフロスポーツ)
第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/ストラプスケプレソ・オスルブルエ・グラナダ)日本代表選手団を承認
グラナダで旗手を務めるアイスホッケーの大澤ちほ選手(写真:アフロスポーツ)

 また、2014年ソチオリンピックの代表選手からは、スケート・ショートトラックの菊池萌水選手、スキー・スノーボードの子出藤歩夢選手、アイスホッケー女子「スマイルジャパン」の藤本那菜選手、床亜矢可選手、鈴木世奈選手ら8名が選出されています。各競技の名簿は下記ダウンロードリンク(PDFファイル)にてご確認ください。

 ユニバーシアードは国際大学スポーツ連盟が主催する学生を対象にした国際総合競技大会で、別名“学生のオリンピック”ともいわれています。1959年にイタリア・トリノで第1回夏季大会、1960年にフランス・シャモニーで第1回冬季大会が開催されました。それぞれ2年ごとに開催され、当初奇数年に夏季大会、偶数年に冬季大会が行われていましたが、1980年代からは夏冬ともに奇数年に開催されています。

<第27回ユニバーシアード冬季競技大会日本代表選手団参加予定競技>
スキー(アルペン、クロスカントリー、ジャンプ、ノルディック複合、フリースタイル、スノーボード)、スケート(フィギュアスケート、ショートトラック)、アイスホッケー、バイアスロン、カーリング


ダウンロードリンク








ページトップへ