大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュースフィギュア女子SPで三原2位 オータム・クラシック

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

フィギュア女子SPで三原2位 オータム・クラシック

カテゴリ:オリンピック
2017.09.22
フィギュア女子SPで三原2位 オータム・クラシック
女子SPで演技する三原舞依=モントリオール(共同)

 【モントリオール共同】フィギュアスケートの国際大会のオータム・クラシックは21日、モントリオールで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で昨季の四大陸選手権女王の三原舞依(神戸ポートアイランドク)は三つのジャンプを着氷し、66・18点で2位スタートとなった。新田谷凜(中京大)は46・83点で9位だった。
 昨季の世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が75・21点で首位に立った。23日(日本時間24日)にフリーが行われる。
 22日(同23日)の男子SPで2014年ソチ冬季五輪金メダルの羽生結弦(ANA)と村上大介(陽進堂)が演技する。



  • 平昌オリンピック2018
  • ニュース
  • 日本代表選手団応援イベント






ページトップへ